単純承認とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

単純承認とは

単純承認とは

単純承認とは、被相続人の財産をプラスマイナスに関わらずすべて相続する方法のことです。

一般的には、遺産相続において一番多く取られる方法です。

単純承認する為に手続きをすることは特に必要ありません。

そのまま相続すればよいのです。

しかし、被相続人の財産内容の詳細を確認せずに単純承認するというのは非常に危険の多いことであることを十重承知しなければいけません。

よって、相続が開始した際には相続財産目録を作成し、相続財産の概要をしっかりと確認しましょう。

相続財産の内容を確認せずに相続開始から3か月以上たってしまえば、もしその後に借金があることが分ったということが発生しても限定承認や相続放棄ができません。

そのまま借金を返済しなければならなくなります。

しかし、債権者の悪意で故意に3か月以上経過した後に借金の存在を知らされた場合などは、家庭裁判所に限定承認や相続放棄が認められる場合もあります。

民法では、単純承認をしたとみなされる項目を以下のように定めています。

まず、相続人が相続財産の一部でも既に処分をした場合。

また、相続開始を知ってから3か月以内に相続人が限定承認または相続放棄の申し立てをしなかった場合。

そして、限定承認または相続放棄をした後であっても、相続人が相続財産の一部でも隠匿していたり、財産目録に記載していなかった場合です。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
一親等の血族とは
一親等の血族とは 一親等の血族とは、ご自身から起算して親または子を指します。 血族には血のつながりがある自然血族のみならず、養子縁組関係を結んだ養親・養子という法定血族も含みます。 つまり、一親等の血族とは、ご自身を基準とした場合、実親・実子・養親・ […]
相続分不存在証明とは
相続分不存在証明とは、「私は、被相続人から生前特別受益を受けていたので、相続分はありません」と証明する証書のことです。 特別受益とは被相続人から受けていた生前贈与のことで、受けていた人は特別受益者と呼ばれます。 特別受益には大学の学費、開業資金などの […]
相続人同意書とは
相続人同意書とは 相続発生後、故人の遺産や負債を分けるにあたっては、様々な場面で相続人の同意書が必要となるケースがあります。 現在の民法においては、故人が残された遺産・負債いずれもが相続人の意思に関わらず、すべて包括承継されることとなっています。 そ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145