遺産相続分割協議書とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産相続分割協議書とは

遺産相続分割協議書とは

遺産相続分割協議書とは、遺産分割協議で相続人全員の財産分割が同意された際に作られる文書です。

その内容は、どの相続人がどのような財産を分割し、相続したかを明確に記したもので、相続手続きが終わり財産が各相続人の所有となった後の登記手続きや相続税の申告手続きなどの際に必要となります。

遺産相続分割協議書には決められた書式がありませんので、各相続人がどれだけの財産を相続したか明確に記入すればよいのです。

また、相続人全員の署名と実印が必要です。

注意して頂きたいのは、土地や建物など不動産の相続財産明記の際は、実際の登記簿上の地番を記載しなければいけません。

住所ではありませんので、注意してください。

預貯金などの相続財産の場合ですと、その銀行名は勿論支店名、口座番号もすべて必要となります。

遺産相続分割協議書を作成することで、各相続人が全員合意のもとどの財産を相続したかと外部に主張することができます。

また、相続人はこの協議書に署名、捺印すればこれに拘束され、原則として撤回や取り消しはできないものとされています。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
分割協議中に相続人死亡した場合
分割協議中に相続人死亡した場合 遺産分割は相続人全員で行う必要があります。 相続人が一人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ただ、遺産分割協議は、相続人が必ずしも一堂に会して行う必要はなく、郵送でのやり取りなどで持ち回りで遺産分割協議書の […]
配偶者が遺産分割前に死亡した場合
配偶者が遺産分割前に死亡した場合 配偶者は、必ず相続人となります(民法第890条には「常に」と記載されています)。 配偶者は、被相続人と最も深いつながりがある立場として法律上相続権は尊重されることとなっています。 そのため、遺産分け(遺産分割)をする […]
遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合
遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合 遺産分割の終了によって故人の遺産は確定的に各人の単独所有に帰属します。 つまり、故人の死亡後、遺産分割終了までは遺産は相続人の共有状態にあることになります(民法第898条)。 遺産分割はその共有状態を解消する […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145