相続では遺産分割協議書の作成が必要?|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続では遺産分割協議書の作成が必要?

相続では遺産分割協議書の作成が必要?

遺産分割協議後に作成される遺産分割協議書ですが、この作成は相続において必ず必要なのでしょうか。

相続財産があり、それを相続する前提で行われる遺産分割協議の協議書ですから、作成は必要です。

それは、財産相続後に各相続人の財産として継続されるわけであり、その財産を自らの所有権の元にあることを証明する為の各手続きの際に遺産分割協議書の提出を求められるからです。

たとえば、相続登記がそれに当たります。

土地や建物など被相続人名義であった財産を相続した後、その名義を自らのものに登記手続きします。

その際に遺産分割協議書を添えて手続きしなければ相続登記は行えません。

また、相続税の申告手続きの際にもこの遺産分割協議書の提出を求められます。

他では、被相続人の預貯金を相続した場合です。

預貯金の名義変更をする場合、対象となる銀行から遺産分割協議書の提示を求められる場合もあります。

各手続きを行う機関は、その名義変更手続きの際に対象となる物件が相続人が相続したものであることを確認しなければなりません。

よって、これらの遺産相続分割協議書の提出を求められるのです。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
生命保険は遺産分割の対象外
生命保険は遺産分割の対象外 生命保険の保険金は相続財産とは離脱して取り扱われます。 生命保険をうまく利用することで、相続をスムーズに進めることも可能になります。 相続の対象財産を考える場合に問題になるのが生命保険です。 正確には相続に関係するのは、保 […]
相続では遺産分割協議書の作成が必要?
相続では遺産分割協議書の作成が必要? 遺産分割協議後に作成される遺産分割協議書ですが、この作成は相続において必ず必要なのでしょうか。 相続財産があり、それを相続する前提で行われる遺産分割協議の協議書ですから、作成は必要です。 それは、財産相続後に各相 […]
相続の遺産分割とは
相続の遺産分割とは 相続が発生したとき、亡くなった方が遺した財産は、相続人全員が共有している状態になります。 この共有状態になっている遺産は、このまま共有状態にしておくこともできることはできるのですが、共有物を処分したり管理したりするには、毎回煩雑な […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145