相続で関係する法律|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続で関係する法律

相続で関係する法律

遺産相続にあたり、そこには非常に多くの法律で定められた決まりがあります。

遺産相続で相続人が一人の場合や、もしくは相続争いが一切起こらない、遺産の内容に問題がないといった場合は特定の法律知識を得ていれば問題なく手続きが可能ですが、相続人同士での遺産分割協議がまとまらなかったり、また相続人の確定がうまく進まない、遺産内容が非常に複雑な場合などこれら法律を十分把握しておく必要があります。

相続で関係する法律は、相続人の確定から相続方法、相続財産の分割方法などいたるところに定めを設けています。

また、相続において義務化されている税金なども法律で定められた決まりです。

相続に関わる法律を理解していないと、その執行を怠ったとみなされたり、不要な手続きを増やす元となります。

遺産相続が開始し、法律知識の問題で手助けが必要となる場合などは、法律の専門家である弁護士や行政書士、税理士などがいることも念頭に置き相続手続きにおいて問題の内容に心がけましょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続における居住権の主張
居住権とは 「居住権」という言葉は法律用語としての定義はありません。 一般的に、居住権とは、賃借権がなくなった後も、事実上継続して居住できる権利をいいます。 通常、他人所有の家屋に居住する場合には、契約に基づく賃借権が必要となります。 賃借権は、賃貸 […]
実子と養子の違い
実子と養子の違い 実子と養子は明らかに違いがあります。 実子は血縁関係のある子であり、養子は血縁関係のない子です。 これは、どうしても変えることのできない事実です。 しかし、身分を保障する法律上ではそこに変化が生じるため、遺産相続の場合などの為にこの […]
相続で実印登録がない場合
相続で実印登録がない場合 相続手続きにおいては、様々な場面で実印を押す必要があります。 実印とは、会社等法人の場合には登記所(法務局)で印鑑届書において提出した印鑑(通称は会社印・会社の実印・丸印・社長印などと呼ばれます)、個人の場合には市区町村に届 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145