遺産にかかる税金について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産にかかる税金について

遺産にかかる税金について

遺産相続が始まり、相続手続きを行う上で忘れてはいけなのがそれら相続財産に関わる税金の申告と納税です。

遺産相続が始まり発生する税金は、準確定申告による税金と、相続税です。
準確定申告とは、相続人が被相続人に代わり確定申告をすることです。

被相続人が個人事業主であったり、不動産所得や山林所得等があった場合、確定申告を義務付けられている条件にある場合は、その確定申告を相続人が被相続人に代わり行います。

この準確定申告は、被相続人が一定の規定に沿う状況下にあった場合などは、申告をすることで税の還付を受けることもできます。

相続税とは、被相続人の財産を相続もしくは遺贈等によって取得した者に義務付けられている税金で、対象となるのは相続人もしくは受遺者です。

相続税はその申告が必要な額を設定しているため、すべての相続人が相続税を申告、納税しなければいけないわけではありません。

しかし、もし相続税を納税すべきである場合は相続開始を知った翌日から10か月以内に申告と納税をする必要があります。

もし、この期間内に納税しなければ加算税、延滞税の対象とされるので十分注意が必要です。遺産分割協議がまとまらない為に相続税を納税できないというのは理由になりません。

もしこのような場合であれば、まず申告と納税を期限内に済ませ、最終的に相続手続きが終わり、相続税の確定ができる段階で改めて申告をしてください。

相続税を払い過ぎていた場合は、改めて申告することで余分な税金は返金されます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続税の時効
相続税の時効について 相続税は国税であり、国の債権です。国税債権は国税通則法の定めに従い、原則として5年で時効にかかります。 つまり、5年間相続税を納付しないことで相続税の負担から免れることとなります。この時効制度の存在理由(趣旨)については、様々な […]
遺産取得税方式とは
遺産取得税方式とは 相続財産の相続税評価においては、遺産課税方式と遺産取得課税方式とに大きく分けられます。 まず、遺産課税方式とは、相続人の人数や相続の配分などに関係なく、被相続人の財産(合計)に着目して評価をするやり方です。 まずはその被相続人の持 […]
養子縁組前の3年内加算について
養子縁組前の3年内加算について 相続税はその法定相続人が多いほど非課税対象額が多くなることはご存知の方が多いはずです。課される相続税の対象財産はどこまでのことを指すのでしょうか。 相続税の節税対策として一般的なのは生前贈与、つまり財産の一部を相続人に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306