遺産相続に期限はあるか?|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産相続に期限はあるか?

遺産相続に期限はあるか?

遺産相続をいつまでに終わらせないといけないかという法律で定められた期限はありません。

しかし、遺産相続における多々手続きや申請にはその期限が決められています。

すなわち、その期限内に一定の処理を済ませておかなければ期限が過ぎてしまうとし得るべき主張ができなくなったり、また納税などに関わってくる場合は加算税の対象となるなど、不利益が生じます。

よって、これらの各手続きに決められている期限を遺産相続の期限の参考とするべきと言えます。

遺産相続において、3か月以内で済まさなければいけないのは相続の方法です。

相続放棄をする場合や限定承認をする場合はこの期間内で行ってください。

4か月と期限が決められているのは所得税の準確定申告です。

10か月以内に行わなければいけないのは相続税の申告と納税です。

一般的には、この手続きを必ず期限内にしておくべきです。

税金の申告や納税は遺産相続の進行が順調か否かは判断基準になりません。

必ず期限内に手続きをし、もし相続が終わり多く税金を払い過ぎている場合はその段階で再度申告をすれば多く払われた税金が還付されます。

このほか、遺留分の減殺請求は法で1年以内と定められています。

相続税の為の税額軽減や評価減適用の為の手続きは10か月以内とされていますが、この期限内で遺産分割の協議がまとまっていない場合別途延長の申請をした場合は、さらに3年の猶予をもらえます。

以上のように、相続遺産における決められた各手続きの期限は最長でも3年10か月と言うことになり、これを遺産相続の期限として捉えることもできるわけです。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能
1.死亡診断書とは 死亡診断書とは、診断書の一つと区分されていて、人が死亡した際、その死因などについてを記載した書類の事です。 この死亡診断書が発行されることによって、その人の死亡が証明されます。 死亡診断書は、その人を診断した医師、もしくは歯科医師 […]
前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き
前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き 相続開始後は、故人の遺産を分けるために遺産分割協議を行う必要があります。 この遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があり、相続人が1人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ところで、長い人生の中で結 […]
相続税の税理士報酬・費用の相場は、価格ドットコムと同じ?
1.遺産総額の1%が相続税の税理士報酬という相場は根拠なし!? 相続税の税理士報酬や費用というのは、あまり見慣れないものであり、初めて税理士から見積りを出された相続人は、驚くかもしれません。 税理士報酬は、平成14年から自由化されており、各会計事務所 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145