自筆証書遺言の検認手続きについて|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

自筆証書遺言の検認手続きについて

自筆証書遺言の検認手続きについて

自筆証書遺言は家庭裁判所で検認手続きを取る必要があります。

これは、遺言書の形式や形状、また偽造変造の予防を目的としている検認で、遺言書内容の有効無効を検認することが目的ではありません。

相続人全てが遺言の存在を知っているということは言いきれない訳ですので、いわゆる遺言書が存在することを証明し、全相続人にその存在を通知する目的の為の手続きです。

その為、検認をしたからと言って、その遺言内容が有効に働くわけではありませんので遺言の記載方法には注意が必要です。

また、検認をしていない遺言を勝手に開封すれば手続きを怠ったとみなされ、5万円以下の過料対象とされます。

自筆証書遺言検認の申し立ては、遺言の保管人が申立書と被相続人の出生から死亡までが記載された戸籍謄本などと、全相続人の戸籍謄本、申立員の認印と必要とされる収入印紙などを用意して、管内の裁判所に申請します。

申請後、家庭裁判所から各相続人に検認期日の通知があるので、指定された期日に全相続人立ち会いのもと開封され検認されます。

遺産相続において遺言がある場合は、その後の手続きでこの検認がされていないとうまく手続きができないことが良くありますので、必ず検認作業をしましょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
包括受遺者とは
包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]
相続時精算課税制度と遺留分の関係
相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]
条件付き遺贈とは
条件付き遺贈とは 遺言によって被相続人の財産を贈与することを遺贈と呼びます。 相続は特別な手続きをしなくても被相続人の財産は相続開始されます。 この遺贈に、条件を付けられることを御存じでしょうか。 このように条件をつけた遺贈を条件付き遺贈と呼びます。 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145