自筆証書遺言の書き方|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

自筆証書遺言の書き方

自筆証書遺言の書き方

自筆証書遺言は全文が遺言者による自筆である必要があります。

自筆証書遺言を残すにあたり、その記載内容をここで紹介します。

自筆証書遺言に使う用紙に決まりはありません。

メモ用紙でも結構ですが、筆記用具には改ざんなどを疑われないように鉛筆などでの記載は避けるべきです。

まず、遺言であることが分かるようにまず遺言という文字を筆頭に書き、遺言者の氏名を記載します。

相続人や受遺者を特定するには、その氏名を記載しますが、同姓同名である可能性を避けるため妻や長男、長女という文字を付け加えることをお勧めします。

財産の記載方法は、不動産であれば登記簿謄本などを確認し正確に記載、預貯金等の場合はその銀行名、支店名、また預貯金の種類まで詳細を記載します。

注意が必要なのは言葉の表現です。

譲るや与えるという言葉は誤解を招く恐れがあり、相続させるや遺贈するという表現にします。

また、遺言執行者も記載します。

相続人から遺言執行者を選ぶこともできますが、利害関係が生じ相続が順調に執り行われない可能性があるため専門家にお願いした方が良い場合もあります。

最後に、日付けと住所、押印を押します。

遺言の保管として封筒に入れますが、封筒は封をする方が後々のトラブルを軽減できますので、お勧めします。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
包括受遺者とは
包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]
相続時精算課税制度と遺留分の関係
相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]
包括遺贈と特定遺贈の違い
包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145