後見監督人の指定とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

後見監督人の指定とは

後見監督人の指定とは

親権者がいない、もしくは親権者が管理権を持たない場合、未成年後見人が選任され、未成年者の監護、教育、財産の管理などを行うことなになります。

未成年後見人の職務を監督するのが後見監督人です。

この後見監督人は、未成年後見人の不正事実を知った場合にその解任を請求する権利を持っています。

では、後見監督人はどのように指定されるのでしょうか。

それは遺言です。

未成年者に対して最後に親権を行う者で、かつ管理権を有する者が遺言によって後見監督人を指定します。

監督人の指定は遺言によってのみなされるので、通常、同一の遺言書で後見人の指定も行います。

後見監督人になるのは特に資格などは必要ありませんが、監督人の欠格事項となるものは定められています。

その1つは、後見人の配偶者、直系の血族また兄弟姉妹です。

また、未成年者、破産者、親権喪失、管理権喪失の宣告を受けたことがある者、過去に後見人、保佐人、補助人の任を解任されたことがある者なども後見監督人に指定することはできません。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
特別代理人の相続
特別代理人の相続 相続者の中に未成年がいて、親がその代理人になって財産分割協議を行うことができない場合は、家庭裁判所に代理人を立てることを申請します。 この代理人の事を、特別代理人と言います。 では、特別代理人はどのようにして決定されるのかと言うこと […]
特別代理人とは
特別代理人とは 遺産分割協議は原則として相続人全員が参加することが定められています。 しかし、相続人の中に未成年者がいる場合未成年者は遺産分割協議に参加できません。 その場合、その未成年者の親や後見人が法定代理人として遺産分割協議に参加することと定め […]
成年後見人と相続
成年後見人と相続 成年後見人とは、判断能力に欠けるとされる成人を保護し支援してく者のことです。 具体的には、知的障害者で的確な判断ができない成人や認知症になった成人などを保護する立場にあります。 成年後見人は後見人を必要とする本人の財産管理もその職務 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306