愛人の子を認知していた場合の相続|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

愛人の子を認知していた場合の相続

愛人の子を認知していた場合の相続

死亡した夫に愛人がいて、その間に子供がいた場合、相続はどのようになるのでしょうか。

その子供が認知されていた場合、つまり故人がその子供について戸籍上の手続きをしていた、もしくは遺言などで自分の子供であることを公言した場合、その婚外子にも相続権が与えられます。

非嫡出子(婚外子)の相続分は、嫡出子(正式な婚姻関係のもとで生まれた子)の2分の1と定められています。

例えば、故人Aと妻の間に子供BとCがおり、さらに愛人との間に認知された子供Xがいて、1200万円が相続財産として残された場合を考えてみましょう。

まず、この1200万円のうち半分は妻が相続します。

そして、残りの半分を子供3人で分割します。

Xは非嫡出子ですが、Aが認知しているので相続人として数えられるのです。

しかし、非嫡出子の相続分は嫡出子の半分ですから、600万円を2:2:1の割合で分割します。

よって、子供B,Cの相続分はそれぞれ240万円、子供Xの相続分は120万円となります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
一親等の血族とは
一親等の血族とは 一親等の血族とは、ご自身から起算して親または子を指します。 血族には血のつながりがある自然血族のみならず、養子縁組関係を結んだ養親・養子という法定血族も含みます。 つまり、一親等の血族とは、ご自身を基準とした場合、実親・実子・養親・ […]
相続分不存在証明とは
相続分不存在証明とは、「私は、被相続人から生前特別受益を受けていたので、相続分はありません」と証明する証書のことです。 特別受益とは被相続人から受けていた生前贈与のことで、受けていた人は特別受益者と呼ばれます。 特別受益には大学の学費、開業資金などの […]
相続人同意書とは
相続人同意書とは 相続発生後、故人の遺産や負債を分けるにあたっては、様々な場面で相続人の同意書が必要となるケースがあります。 現在の民法においては、故人が残された遺産・負債いずれもが相続人の意思に関わらず、すべて包括承継されることとなっています。 そ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145