預金を相続する方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

預金を相続する方法

預金を相続する方法

まず、故人名義の預貯金額を調べます。

通帳と届出印鑑を金融機関に持参すれば、金融機関が残高証明書を発行してくれるので、調べることができます。

注意すべきは、相続財産の範囲は必ず故人死亡日の残高で考えなければならないということです。

次に、相続人の確定を行います。

相続人全員が個人の預貯金を受け継ぐ権利を持っていますので、亡くなった方の戸籍謄本や相続人の戸籍謄本を調べ、相続人全員をはっきりさせなければなりません。

相続人を確定したところで、預貯金をどのように分割するか話し合いを行います。

法律に則って分割するのか、だれか一人が全部を受け継ぐのかは、この話し合い次第で自由に決めることができますが、最終的に相続人全員の意見が一致し、全員が協議書に署名、押印をしなければ誰も預貯金を相続することはできません。

相続の仕方が決まったら、必要な書類を揃えます。

金融機関によって必要書類が異なる場合があるので、事前に窓口で確認する必要がありますが、一般的に、
・依頼書(取引金融機関の専用の書式)
・遺産分割協議書
・相続関係を証明する戸籍謄本類
・相続人全員の印鑑証明書
が必要となります。

これら必要なものがそろったら、金融機関の窓口に提出すれば、預金の相続手続きは完了です。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続後の運転免許の返却手続きについて
相続後の運転免許の返却手続きについて 相続が発生した後は、様々な公的な手続きを行う必要があります。 相続後の手続きとして、相続税のご申告や不動産の移転登記(相続登記)の手続きなどは比較的意識されやすく、多くの方が故人を悼む時間が過ぎた後、速やかに行わ […]
固定資産税の支払名義変更法
固定資産税の支払名義変更法 固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。 そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。 毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者に […]
NHKの相続の名義変更について
NHKの名義変更手続きの方法 NHK受信契約の名義変更手続きは比較的簡単です。 方法は大きく2つあり、1つは、NHKのフリーダイヤルに電話をして契約者死亡の事実を知らせるというものです。 もう1つは、インターネットからの変更です。 NHKホームページ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306