後見監督人とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

後見監督人とは

後見監督人とは

後見監督人とは、後見人が被後見人に対する義務をきちんと果たしているかを監督する立場にある者のことです。

また、後見人と被後見人との利益が相反する場合に被後見人の代表などの役目も果たします。

後見人は被後見人の財産管理なども行います。

ですから、後見人が被後見人の財産を横領したり、後見人としての義務違反を犯したりする可能性もあるわけです。

そのようなことが起こらないように、後見監督人を指定して、後見人が適正に職務を果たしているかどうかを見守るように取り計らうことができます。

また、後見人の行為によって被後見人に対して不利益になるようなことが生じた場合、被後見人の代表として家庭裁判所に申し立てなどを行います。

後見監督人は親権者が遺言によって指定する場合と、被後見人や被後見人の親族などによる申し立てによって家庭裁判所が選任する場合がありますが、後見人の配偶者、直系血族、兄弟姉妹などは後見監督人になることはできません。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
特別代理人の相続
特別代理人の相続 相続者の中に未成年がいて、親がその代理人になって財産分割協議を行うことができない場合は、家庭裁判所に代理人を立てることを申請します。 この代理人の事を、特別代理人と言います。 では、特別代理人はどのようにして決定されるのかと言うこと […]
特別代理人とは
特別代理人とは 遺産分割協議は原則として相続人全員が参加することが定められています。 しかし、相続人の中に未成年者がいる場合未成年者は遺産分割協議に参加できません。 その場合、その未成年者の親や後見人が法定代理人として遺産分割協議に参加することと定め […]
成年後見人と相続
成年後見人と相続 成年後見人とは、判断能力に欠けるとされる成人を保護し支援してく者のことです。 具体的には、知的障害者で的確な判断ができない成人や認知症になった成人などを保護する立場にあります。 成年後見人は後見人を必要とする本人の財産管理もその職務 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145