遺族補償給付の労災について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺族補償給付の労災について

遺族補償給付の労災について

労働者が業務上の原因で死亡した際に支給されるのが遺族補償給付です。

通勤上で死亡した場合は、それを遺族給付と呼びます。遺族補償給付は遺族補償年金と遺族補償一時金に分かれ、この他に葬祭を行う者に対して葬祭料が支給されることになります。

遺族年金や、遺族一時金と違い労災での本人の死亡に対する遺族への給付金の為補償と言う言葉がついているのです。

遺族補償年金の受給資格者は、労働者が死亡した際にその者のによって生計を立てていたものもしくは、労働者の一部の収入によって生計を立てていたもので、労働者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹が受給資格者になることができます。受給資格者にはその優先順位が定められており、最上順位の物に支給されます。

遺族補償年金は所轄の労働基準監督署長に遺族が提出することで給付を受けることができ、この給付請求は労働者が死亡した日の翌日から5年経過すると時効として請求の権利がなくなりますので、注意してください。

遺族補償一時金は、遺族補償年金の受給資格を持つ者がいない場合に支給されるもので、配偶者や労働者死亡当時にそれにより生計を立てていた子、父母、孫、兄弟姉妹、また当時労働者の収入により生計を立てていない同身分の者などに支給されます。

一時金の額は給付基礎日額の1000日分が給付されます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続した株式に関わる配当金は相続財産に該当するのか!?
亡くなった方が株式等を持っていた場合において、その株式等に係る配当については相続財産に該当するのでしょうか。また、そもそも配当自体を受け取ることができるのでしょうか。 1.亡くなった方名義の株式の配当金はもらえるのか まず、亡くなった方名義の配当金が […]
未収配当の相続
相続税の計算において含める必要があるかどうか 相続財産に株式がある場合で、相続開始時点で株式の配当金をまだ受け取っていない場合にも、相続財産に計上されるのでしょうか。 株式の配当金は、相続開始時点ではまだ確定していないものの、後に株主総会で確定します […]
立木の相続税評価についての基礎知識と評価方法
家の庭に木が立っていた場合に、いわゆるその「立木」を相続財産として計上すべきか、計上する場合には立木の相続税評価はいくらになるのかと悩まれる方も多いと思います。この記事では立木の相続税評価についての基礎知識と相続税評価の方法を解説していますので参考に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145