遺族年金の受給手続き|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺族年金の受給手続き

遺族年金の受給手続き

年金受給者が亡くなる事でその権利がなくなりますので、年金受給権者死亡届けの提出を行うことになります。

亡くなった月分までの年金については、未支給年金になりますので遺族の方が受け取ることが可能ですが、遺族年金の受給手続きは限られた方でしか行なうことが出来ません。

もともと遺族年金は、国民年金法、厚生年金保険法等により被保険者が亡くなられた時に、その他の残された遺族に対して支給される公的な年金のことです。

特にお年を召した配偶者がいる方などは受給手続きをされるとよいでしょう。

以下の条件に該当する方が受給することができます。

死亡時の事実を明らかに出来る書類(戸籍謄本、死亡診断書のコピー)が必要になります。

被保険者である方、被保険者であった方で日本国内に住所を持っていて60歳以上65歳以下であること、またあてはまる対象者として子のある妻や、今後、成長していく子供のために有効利用することが出来ます。

年金額として、子のある妻に支給される場合には基本年金額に
第一子は基本年金額(778.500円×改定率)
第二子は月(224.000円×改定率)
第三子以降は一人当たり月(74.000円×改定率)
が加算されます。

受給者に問題がある時にはその翌月から増額、減額の改定を行います

妻が新しく子供を宿した時には増額改定を行なうことも可能です。

支給停止に対する遺族基礎年金や保険者の死亡についての労働基準法の規定なども重要視する必要があります。

死亡日から6年間で支給が停止されます。

妻やこの所在が明らかでない時には支給停止されることも有ります。

年齢制限として65歳未満であることも注意して下さい

年金額については死亡した夫が付加保険料を収めていたとしても寡婦年金は加算されません。年金額の計算方式は亡くなった被保険者の報酬比例部分の年金額×四分の一+加算になります。

この際に死亡者が高齢厚生年金の受給者でない場合や死亡者の非保険者期間の月数が300に満たない時にはこれを300として計算していきます。

専門的に計算を行うことになり、初めての方には少々複雑に感じらます。

このように支給者は限られています。

該当するかどうかを確認するには戸籍や、自分の条件やなくなった方の支払状況の確認を行いましょう。

細かい計算式などは非常に専門的になりますので、受給される方は税理士などと確認して手続きを進めていくことで迅速かつ的確に受注額を把握することができるでしょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
死亡後に行う高額療養費の申請手続き
自己負担額が一定の金額を超え申請を行なうことによって高額医療費として支給 高額療養費に該当している方には診療した月から2ヶ月後の月末に保険年金課から、高額療養費支給申請書が自宅へ送付される事になります。 この際に必要な提出書類は国民健康保険高額療養支 […]
死亡後に行う配当の受け取り手続き
死亡後に行う配当の受け取り手続き 死亡後に行う配当の受け取り手続きとして亡くなった方(被相続人)が株を所持していた時に、その株を相続することが可能になるように相続人の方が配当金について確認作業を行うことからはじめます。 まずは証券会社との確認を行いま […]
印鑑登録証の返還方法
印鑑登録証の返還方法 転出や、死亡などに伴い、印鑑登録は自動的に廃止になります。 そのためお住まいからお近くの市役所や役場での窓口に変換する義務が生じます。 対象者は転出や死亡された方のみです。 そのままにしておかずに早期のうちに返還することをおすす […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306