自動車の名義変更の手続き方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

自動車の名義変更の手続き方法

自動車の名義変更の手続き方法

名義変更の手続きは、自分で書類を揃えて手続きを行うことが可能です。

安値で手続きを完了することができますが、そろえる書類が多いです。

手続きを自分で行わず、業者を通して申請を行う際には法廷費用などを加算してそれなりの金額がかかります。

自分で上手に手続きを行う際には高い金額にはならずこの程度で収まります。

初めての方には複雑に感じられる方もいるでしょうが、以外に簡単に行うことが可能です。

まずは何が必要かを把握しておきましょう。

必要な書類を収集

まず名義変更に必要な書類は車庫証明、印鑑証明、譲渡証明書、委任状、車検証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などを用意する必要があります。

移転登録申請書、自動車税、自動車取得税申告書、手数料納付書も必要になりますので、かなり多くの書類を必要とします。

自動車の名義変更の際には売り手と買い手の間でトラブルがないように進行していく事が大切です。

双方の間で話がまとまってから名義変更を行ってください。

1BOXやスポーツカーなど、またRV車などや高級セダンなどに関してはかなり値段がつく車もありますので、譲渡や名義変更の際に売買として名義変更を行う際には、名義人の確認、また車の車種や、年式、事故暦などを確認しておく必要があります。

名義変更が必要になる理由

他にも名義変更が必要になる理由として転居などによって住所が変更になる時などがあります。

自動車の使用本拠地が変更になる際や、家族間での譲渡などにも名義変更が必要になります。

また結婚して姓が変更になった時にも名義変更を行う必要があります。

近年で流行っているのが、ネットオークションによる車の売買の際にも必要になりますが、初めての方には用意する書類が多いので多少時間や手間がかかりますが、書類を用意してしまえばすぐに完了することが可能です。

申請する時には、車庫証明から陸運局での手続きなどを行うために2回以上は足を運ぶ必要があります。

名義変更を行わないでそのままにしていると、もし事故を起こしてしまったときには、迷惑をかけることになります。

他にも違反をしてしまった時にも所有者に連絡が行き、話も複雑になってしまいますので、変更した日から15日以内に手続きを行う必要があります。

必要書類を揃えて陸運局へ行きます。

ナンバープレートを外して返納しましょう。

返却が完了した時点で申し込み書の確認印が押されます。

そして申請しますが、軽自動車の場合には、普通自動車と違い手数料は必要ありません。

用意した申請書類を窓口へ提出します。

その跡に自動車税、軽自動車税の支払いを行います。

ここまでのすべての手続きが完了した時点で新ナンバープレートを受け取ることが可能になります。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
相続後の運転免許の返却手続きについて
相続後の運転免許の返却手続きについて 相続が発生した後は、様々な公的な手続きを行う必要があります。 相続後の手続きとして、相続税のご申告や不動産の移転登記(相続登記)の手続きなどは比較的意識されやすく、多くの方が故人を悼む時間が過ぎた後、速やかに行わ […]
固定資産税の支払名義変更法
固定資産税の支払名義変更法 固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。 そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。 毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者に […]
NHKの相続の名義変更について
NHKの名義変更手続きの方法 NHK受信契約の名義変更手続きは比較的簡単です。 方法は大きく2つあり、1つは、NHKのフリーダイヤルに電話をして契約者死亡の事実を知らせるというものです。 もう1つは、インターネットからの変更です。 NHKホームページ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145