準確定申告の申請手続き|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

準確定申告の申請手続き

準確定申告の申請手続き

準確定申告の申請手続きは亡くなった方の確定申告が必要になります。

死亡された方の相続人の方が1月1日から死亡した日までの所得を計算しておく必要があり、相続の開始があったことを知った翌日から4ヶ月以内に納税を行う必要があります。

亡くなった方の確定申告、これを準確定申告といいます。

準確定申告は相続人の方の名前から、住所、被相続人との続柄などを記入することになり準確定申告書付表を添付し、基本的には被相続人の死亡当時の納税地の税務署に行く必要があります。

準確定申告書は相続の際にも大切な書類になります。

相続人が2人以上、または多数いる時には各相続人が連署により準確定申告書を提出するような手続きになりますので、他の相続人の氏名を付記して各人が別々に提出をすることも可能です。

準確定申告における所得控除

注意点として準確定申告における所得控除としては、社会保険料、生命保険料、損害保険料控除の対象になるのは死亡の日までに支払った金額になります準確定申告が必要になるケースとして、故人の収入が2000万円以上あるときや、給与所得や退職金以外の所得が合計で20万円以上あるとき、多額の医療費を支払っていたとき、住宅借り入れ金等特別な控除を受けている方にも必要になります。

また給与が2箇所以上からある方にも必要になります。会社員の方の場合は、会社が手続きを進めてくれます。準確定申告をして源泉徴収税額の還付を受けることが可能になります。

多数の法定相続人がいる時には同一書類で一緒に申告

上記の手続きは法定相続人が行っていきます。多数の法定相続人がいる時には同一書類で一緒に申告し、法定相続人が決まっていないときには、相続人の中から代表者を決めて申告を行っていきます。

所得税を負担するのも相続人となりますが、遺書などがあるときには遺書に従って相続を進めていくことになります。

故人の源泉徴収票、自営業の時には決算書、生命保険、損害保険の領収書、他にも医療費の領収書なども必要になり、印鑑や、運転免許書を持参して税務署で準確定申告の申告用紙を税務署で入手することが可能です。

先に述べたように死亡後の4ヶ月以内に申告をする必要があります。そのため各領収書をしっかり保管しておく必要もあり、書類を集めることが最重要課題になります。

また故人に詳しい方が申請の代表者として手続きを行うことで、ミスがなくスムーズに手続きを行っていくことが可能になります。故人の遺書があるときには専門家に相談して解決していくことをおススメします。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続した株を売却した場合の税金
相続した株を売却した場合の税金 故人の遺産の中には、株式が含まれていることがあります。株式は法律的には株式会社に対する出資者としての地位を意味します。 つまり、株式を保有している場合には、株式会社に対する出資者として会社の経営についての発言権(議決権 […]
消費税の準確定申告手続きとは
消費税の準確定申告が必要な場合 相続が起きた際、死亡した被相続人が個人で事業や不動産経営を行っていた場合に、消費税の課税事業者であったときは、消費税の準確定申告の手続きが必要となります。 被相続人の過去の確定申告書等から、基準期間(相続が起きた年の前 […]
相続予定(遺産分割決定前)の不動産所得は誰のもの?
相続予定(遺産分割決定前)の不動産所得は誰のもの? 相続が開始してから、どの相続人がどの遺産を相続するかを決めるまでの間、遺産は相続人全員の共有財産ということになっています。 では、分割が決定するまでの間、相続予定の家賃収入などの不動産所得は誰のもの […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145