相続人が誰もいない場合の相続手続き|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続人が誰もいない場合の相続手続き

相続人が誰もいない場合の相続手続き

相続人が誰もいない場合の相続手続きも行うことが可能です。

すべての被相続人の方に相続人が必ずいるとは限りません。

また相続人の方すべての方が相続放棄をしてしまい。

相続人になるべき人がいなくなることなども含めて考慮しましょう。

被相続人が遺言状を書いているときには遺言書の通りすべての財産を処分することが可能になります。

相続人がいない場合は最終的に遺産が国庫に帰属することになり、国の所有物になります。

このことは国のものになることを意味しています。

法的に処理していきますので、しっかりとした手順を踏んでいくことが求められます。

相続人以外の人で被相続人の身上看護をした者がいるなどには財産がが国のものになる前に相続財産分与の請求の申請を行い手続きを進めていくことで、裁判所が分与を認めることで遺産を受け取ることが可能になります。

相続人がいない被相続人の方の遺産

また、家庭裁判所の判断により相続人がいない時に特別縁故者として、相続財産のすべて、またはその一部を受け取ることができます。

相続人がいない被相続人の方の遺産を第三者が受け継いでいくことが可能になります。

条件として代表的なのが故人と生計を同じくしていた者や故人の療養看護に努めた者やその他、故人と特別の縁故があった者などが財産を受け取ることが出来る権利を持っています。

すべてにおける最終的な判断は家庭裁判所で決めることになりますので、十分に注意をしておきましょう。

特別代理人の選任を家庭裁判所の申し立て

特別代理人の選任を家庭裁判所の申し立てを行うこともできます。

相続の対象になるものには大きく分類することが出来ます。

土地などの不動産や、家、有価証券、貯蓄、自動車、金属、宝石、事業、所有している多くの私物から家庭電化製品などもプラスの財産として認知されます。

一方、マイナス財産としては借金、や車のローンから住宅ローン、未払いの税金や未払いの家賃など、早期のうちにどのくらいの予算かを確認しましょう。

十分に相続できるかどうかを判断するために専門化との解決をおススメします。

相続できる条件を細かく確認し、しっかりとした調査を行うことで、上手な相続を行うことが出来、時間や手間をかけずにスピーディに解決をすることが出来るようになります。

相続がはじめての方で、このように相続人がいないケースには専門化が証券を分析し、家庭裁判所が認めれば相続を第三者が受けることが可能になります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続後の運転免許の返却手続きについて
相続後の運転免許の返却手続きについて 相続が発生した後は、様々な公的な手続きを行う必要があります。 相続後の手続きとして、相続税のご申告や不動産の移転登記(相続登記)の手続きなどは比較的意識されやすく、多くの方が故人を悼む時間が過ぎた後、速やかに行わ […]
固定資産税の支払名義変更法
固定資産税の支払名義変更法 固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。 そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。 毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者に […]
NHKの相続の名義変更について
NHKの名義変更手続きの方法 NHK受信契約の名義変更手続きは比較的簡単です。 方法は大きく2つあり、1つは、NHKのフリーダイヤルに電話をして契約者死亡の事実を知らせるというものです。 もう1つは、インターネットからの変更です。 NHKホームページ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145