端株の名義変更手続き|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

端株の名義変更手続き

端株の名義変更手続き

端株の名義変更手続きは証券会社が取り扱う株式などは証券会社の窓口や信託銀行で名義変更を行うことが可能になります。

注意点として端株や単位未満の株がないかどうかを確認します。

近年では上場株式が電子化されていますので、株券はありません、相続の株や有価証券を証券会社からの郵送物や信託銀行からの配当振込みを預貯金で現時点で証券会社との取引がない方でも以前に取引を行っていた方は端株や単位未満株などが残っていることがあります。

普通貯金などで千円以内などの振込みなどは端株などの配当金ですので相続預金は残高に関係なくすべて記帳して、調査してきます。

株主の未上場の株式については株券が無い場合が多いので取締役や監査役をされていた時には株券の所有もしていたのかをよく確認しましょう。

株主の方や会社の役員の方など

株主の方で会社の役員の方などは会社にどのくらいの株を所有していたのかをよく確認する必要があります。

よくありがちなのが、相続により単位株と、端株の名義が異なることがよくあります。

現状では端株の分割協議がまとまりません。

相続人同意書の署名、捺印を行い名義変更を行います。

単位株と端株の名義が被相続人から相続人の名義変更を行うことが可能です。

名義変更の時には死亡確認のときは、死亡確認のために戸籍謄本や相続人すべての方の判子が必要になります。

金額が小額の時には最低でも3万円から5万円までであれば、他の相続人が拒んでいない時には、銀行側の承認が必要になります。

そのため判子をもらわなくても手続きことが可能になります。

調査のため戸籍謄本や、相続人のすべての方の判子が必要

名義変更の時には死亡確認への調査のため戸籍謄本や、相続人のすべての方の判子が必要になります。

端株の名義変更にははじめに戸籍謄本、指定書式に相続人すべての方の署名や捺印、各人の印鑑証明が必要になります。

基本的には金融資産は証券会社を通じて購入します。

取引を行っていた証券会社の本支店に被相続人の方が名義人が亡くなったことを知らせることが出来れば簡単に話しがまとまります。

この時にインターネット口座の取引支店が見つからない場合などには証券会社のコールセンターのオペレーターに問い合わせを行うことをおススメします。

名義人しか分からないパスワードなどを解除するためにも相続人の方が連絡する必要性があります。

必要書類なども証券会社によって指定される物が違うことがあります。

特にインターネットを経由しての取引のみの証券会社には必ず確認を行ってください。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続後の運転免許の返却手続きについて
相続後の運転免許の返却手続きについて 相続が発生した後は、様々な公的な手続きを行う必要があります。 相続後の手続きとして、相続税のご申告や不動産の移転登記(相続登記)の手続きなどは比較的意識されやすく、多くの方が故人を悼む時間が過ぎた後、速やかに行わ […]
固定資産税の支払名義変更法
固定資産税の支払名義変更法 固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。 そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。 毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者に […]
NHKの相続の名義変更について
NHKの名義変更手続きの方法 NHK受信契約の名義変更手続きは比較的簡単です。 方法は大きく2つあり、1つは、NHKのフリーダイヤルに電話をして契約者死亡の事実を知らせるというものです。 もう1つは、インターネットからの変更です。 NHKホームページ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306