遺産分割協議書の訂正方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産分割協議書の訂正方法

遺産分割協議書の訂正方法

遺産分割協議書の訂正方法として修正の加入、削除などについては2字削除で行っていきます。

遺産分割協議書は遺書を分割する上で最も有効的な法的に財産を分割するために必要なものになりますので、間違わないように書き込んでいくことが求められます。

修正点を見つけたときには、専門的なアドバイザーに相談することで、早期の修正を行うことが可能になります。

遺産協議を行ったすべての相続人が納得していれば、訂正印のみでOKです。

大きな修正点は必ず修正して事が求められます。

捨印で指名訂正を行なっても、他の相続人誰からも異議申し立てが無ければ問題ありません.修正について分からないことは専門家に確認して修正することがもとめられます。

遺言書の有無によって、相続人や相続分が変わってきます。

相続の対象になるものは遺産分割協議書

相続の対象になるものは遺産分割協議書を参考にして相続が可能になります。

遺産分割協議で話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所による遺産分割調停・審判で解決します。

相続人の方が何をどのように分割するかについて協議をしっかり行っておくことでトラブルを回避して相続を行えます。

相続する際に遺書などが見つかる時もあります。

遺書における誤字、脱字の修正も必要なく、誤字や、脱字によって、相続が出来なくなることはないですが、遺書を書く際にもミスがないように分かりやすく、誰に、何を相続させるかを考えていく必要があります。

相続する際にはプラスの財産の他にも負債を抱えている故人のマイナス遺産などもあります。

マイナスの遺産

マイナスの遺産として銀行からの借金、又は消費者金融やキャッシング、カードローンなどの負債なども含まれますので、事前によく調査していくことが求められます。

マイナスの遺産については相続の拒否を行うことが可能になりますので、相続の前に調べておく必要があります。

後に大きな記載ミスや、どうしても修正した移転がある時には、また初めてで修正の仕方が分からない方には早期の解決を行うためにそれなりに専門的な知識を要している専門家との解決をおススメします。

相続人の調査から、相続できる物品の査定、又は相続方法によって進行する手続きが変更しますし、そろえるべき書類も異なってきますので、初めてで分からないことが多い方は、相談して早期の解決を行えます。

そのため自分で解決できない時、また修正できないときには相談して有効な遺産分割協議書を作成していくことをおススメします。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
分割協議中に相続人死亡した場合
分割協議中に相続人死亡した場合 遺産分割は相続人全員で行う必要があります。 相続人が一人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ただ、遺産分割協議は、相続人が必ずしも一堂に会して行う必要はなく、郵送でのやり取りなどで持ち回りで遺産分割協議書の […]
配偶者が遺産分割前に死亡した場合
配偶者が遺産分割前に死亡した場合 配偶者は、必ず相続人となります(民法第890条には「常に」と記載されています)。 配偶者は、被相続人と最も深いつながりがある立場として法律上相続権は尊重されることとなっています。 そのため、遺産分け(遺産分割)をする […]
遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合
遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合 遺産分割の終了によって故人の遺産は確定的に各人の単独所有に帰属します。 つまり、故人の死亡後、遺産分割終了までは遺産は相続人の共有状態にあることになります(民法第898条)。 遺産分割はその共有状態を解消する […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145