遺産の分割を禁止する方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産の分割を禁止する方法

遺産の分割を禁止する方法

遺産の分割を禁止する方法としてすべての相続人の方が了承する必要があります。

そのため遺産を分割する際には皆さんで納得する協議を行い、十分に記載ミスや、誤りがないように手続きを行っていくことが大切です。

未成年者が相続人の中にいる時には、特別代理人をたてる必要があります。

特別代理人を用意することで未成年者に代わって代理人が遺産分割協議に参加することが出来るようになりますので、相続開始後すぐの分割を認めてしまうと相続紛争など後のトラブルになることもあります。

遺産の分割を禁止する必要がないように慎重に話し合いを行い誰がどの財産を相続するのかを相続人で話し合っていくことが大切です。

遺産分割協議で話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所による遺産分割調停・審判で解決します。

遺言によって遺産分割の禁止

遺言によって遺産分割の禁止を行うことも可能になります。

後のトラブルを予想して遺書に書いてあるように相続するには被相続人は、 遺言によって、亡くなった日から5年以内の期間を定めて、 遺産の全部又は一部についてその分割を禁止することができます。

家庭裁判所は遺産分割の禁止を行うことが可能で、手続きの最中で不正が行われたとき、又は不透明な事が発生した時には遺産の全部又は一部について、期間を定めて分割を禁じることができるとされています。

すべての相続人の許可を

すべての相続人の許可を得て遺産分割を禁止する事も可能になります。

自分で遺産分割が問題なく行えてると思っていても相続にまったく知識がないと、遺産分割が他の相続人の方とまく解決できず話が進まないなどで時間がかかることがあります。

慎重に手続きを行うには、専門家のアドバイスなども必要になります。

遺産分割協議を進めていくことで他の相続人の方との意見がまとまらないことはよくあります。

遺産の分割が上手に行えない方は相談して解決していくことが大切です。

また遺書がある時には遺書に従って財産を分割していきますので、遺書の有無の確認を十分に行いましょう。

相続人がいないとき、被相続人が遺言状を書いているときには遺言書の通りすべての財産を処分することが可能になります。

相続人がいない場合で最終的に遺産が国庫になります。

故人がどこに遺言書を隠したのかを調べるために心当たりのある場所を探してみることが大切です。

心当たりがある場所は、金庫の中、神棚や仏壇の周り、郵便物や書類などを十分によく調べていく必要があります。

遺書にこめられた効力は相続の際には重要なものになります。

多くの財産を故人が残す際には、必ず相続人の間で問題にならないように手続きを行っていきましょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
分割協議中に相続人死亡した場合
分割協議中に相続人死亡した場合 遺産分割は相続人全員で行う必要があります。 相続人が一人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ただ、遺産分割協議は、相続人が必ずしも一堂に会して行う必要はなく、郵送でのやり取りなどで持ち回りで遺産分割協議書の […]
配偶者が遺産分割前に死亡した場合
配偶者が遺産分割前に死亡した場合 配偶者は、必ず相続人となります(民法第890条には「常に」と記載されています)。 配偶者は、被相続人と最も深いつながりがある立場として法律上相続権は尊重されることとなっています。 そのため、遺産分け(遺産分割)をする […]
遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合
遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合 遺産分割の終了によって故人の遺産は確定的に各人の単独所有に帰属します。 つまり、故人の死亡後、遺産分割終了までは遺産は相続人の共有状態にあることになります(民法第898条)。 遺産分割はその共有状態を解消する […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306