遺産を現物で分けられない場合の方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産を現物で分けられない場合の方法

遺産を現物で分けられない場合の方法

遺産を現物で分けられない場合の方法には換価分割を行うことで財産をお金に変える事が可能になります。

また現物分割なども分割方法が、相続人が現金、株式、土地など個々の遺産を取得する方法になります。

換価分割 現物として分けられない遺産を お金に換えて(売却して)分ける方法になりますので、お金に換金する事ですべてを平等に分けていくことが可能になります。

相続人の中には、現物でなくて、お金に換算することを希望する方がいる時には、換価分割することが最も簡単に分割をすることが出来る手続きになりますので、お勧めです。

財産の価値

そのため財産の価値をしっかり調査する必要があります。

公平に分割できないような財産が含まれている場合には,この換価分割が必要になります。現金に換えることが可能なものは相続できるカテゴリによります。

特に金や、宝石、不動産などは現金にすることが可能になります。

相続では、遺言書が優先されますが、それにも一定の制限が設けられています。

遺産があまり多くもなく、換価するのも望ましくない場合などには現物分割が望ましいです。

遺言がない場合は、相続人全員の協議による協議分割により行うことになります。そのため、事前にしっかり話し合いをしておくことで後のトラブルを回避することが可能になります。

相続財産をどのように分けるかを相続人同士の話し合いで決めることになります。そのため自分で相続できる財産についてどのようなカテゴリわけを出来るのか、考慮して行くことが求められます。

トラブルにならずにすべての手続きを完了

基本的な相続の観点は遺産その物を分ける方法で、理想としては各相続人の相続分の配分を守っていくことが出来ればトラブルにならずにすべての手続きを完了することが可能です。

正式な方法で遺言書を作成していれば、遺書の内容に従って、相続を行うことが可能になります。高額の不動産を所有している方は相続の際にそれなりの分割方法を各、相続人同士で話し合って決めていきましょう。

遺産を各相続人の相続分を均等に分けることは難しくお互いが納得するまでにそれなりの時間を要することになります。

相続人全員で協議し財産を分ける事が出来るようになれば、分配を行うにも時間がかからずに手間もかからずに完了できます。

専門的な知識が必要になり無料で相談を行い、手続きが複雑になる前に早期の解決を行うことをおススメします。相続の際の遺産分割で悩んでいる方は近年で増えています。

公平に遺産を分割することを希望している方、また最適な遺産分割方法についての相談も受け付けています。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
分割協議中に相続人死亡した場合
分割協議中に相続人死亡した場合 遺産分割は相続人全員で行う必要があります。 相続人が一人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ただ、遺産分割協議は、相続人が必ずしも一堂に会して行う必要はなく、郵送でのやり取りなどで持ち回りで遺産分割協議書の […]
配偶者が遺産分割前に死亡した場合
配偶者が遺産分割前に死亡した場合 配偶者は、必ず相続人となります(民法第890条には「常に」と記載されています)。 配偶者は、被相続人と最も深いつながりがある立場として法律上相続権は尊重されることとなっています。 そのため、遺産分け(遺産分割)をする […]
遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合
遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合 遺産分割の終了によって故人の遺産は確定的に各人の単独所有に帰属します。 つまり、故人の死亡後、遺産分割終了までは遺産は相続人の共有状態にあることになります(民法第898条)。 遺産分割はその共有状態を解消する […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145