相続人が海外にいる場合の相続手続き|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続人が海外にいる場合の相続手続き

相続人が海外にいる場合の相続手続き

相続人が海外にいる場合の相続手続きを行う相続人が増えています。

近年になって海外留学や、海外勤務、単身赴任などによって海外居住者の方が相続を行なうケースなどが目立つようになって来ました。

このことから海外居住者の方の遺産分割協議を行うことは可能です。

手続きは遺産分割協議を進める上で、双方の相続人同士が納得できていれば問題なく相続を完了することが可能になります。

そのため領事館で手続きを行います。

相続の権利のあるすべての方がしっかりとした話し合いを行い、誰が何を、どのくらい相続するのかを決めていきましょう。

またどのくらいの遺産を相続するのか分割をすることが決まった時点で遺産分割協議書を作成していきます。

これには相続人の全員の署名と、実印が必要になります。

また印鑑証明も必要になりますので、事前に市役所にて取得しておきましょう。

海外に居住している方のケースとして海外では判子を使用した印鑑証明などがないために領事館にてサイン証明を取得することをおススメします。

海外に住んでいる方は、サイン証明を発行してもらいサイン証明は遺産分割協議書を領事館に持参し、職員の前でサインをすることになります。

これを印鑑証明の変わりに相続の際に使用します。

在留証明を取得しておく必要

他にも領事館にて在留証明を取得しましょう。

基本的に遺産分割協議書を入手するには相続人のすべての方の住所証明が必要になります。

そのため海外居住者の時には住民票がないことがありますので、在留証明を取得しておく必要があります。

在留証明の発行は日本領事館で行っています。

在留証明を発行するには日本国の国籍があること、又は現地に3ヶ月以上滞在していて、現在居住している必要があります。

そのためパスポートや日本で発行された運転免許証や、身分証明書、現地での住所が確認できるものが必要になり、永住ビザや、現地でのドライバーズライセンスなどでも領事館によっては受け付けています。

遺産分割協議には期限は決まっていませんので、話し合いをメールや電話で事前にしっかり行っておくことで後のトラブルを回避することが可能になります。

また海外とのやり取りになりますので郵送物のやり取りにも日本国内でのやり取り以上に時間がかかりますので手間と時間がかかることは必須です。

相続の際の遺産分割協議は基本的に各、相続人同士で綿密に話し合っていくことが大切です。

そのため十分に財産の価値を知り、何度か話し合いを重ねることが大切です。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
外国籍の相続人の相続権について
相続人が外国籍である場合の相続権 配偶者など相続人の中に外国籍の方がいる場合、相続権はどのようになるのか、遺産を相続できるのか気になるところです。 このケースのように外国と何らかの関わりを持つ相続のことを渉外相続といいます。 この渉外相続については各 […]
サイン証明(拇印証明)の取得方法
サイン証明(拇印証明)の取得方法 サイン証明(拇印証明)の取得方法として滞在先の海外の日本国の領事館内での取得を可能にします。 滞在先の日本大使館や、領事館で確認することが必要です。 サイン証明にも2種類のタイプがあり、しっかりと形式が分かれています […]
アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き
アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き 日本では、二重国籍が認められていませんから、アメリカ市民権を持っているという事は、日本国籍を失うことになります。 日本国籍がない相続人がいる場合でも、特に通常の相続と変わらず相続することができます。 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145