残高証明書の発行依頼の方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

残高証明書の発行依頼の方法

残高証明書の発行依頼の方法

残高証明書の発行依頼の方法として、必要な書類を揃える事からはじめましょう。

被相続人の死亡と取得に行く人が相続人であることが証明できる戸籍謄本、取得に行く相続人の身分証明書(免許証など)、実印、印鑑証明、被相続人の通帳、キャッシュカード(手元にあれば)、費用は1通あたり735円が必要ですが、ゆうちょ銀行は若干安く500円になります。

事前に金融機関に確認しておきましょう。

ゆうちょ銀行では、「相続確認表」を記載することを求められます。

相続を行った際に残高証明を請求するときには、被相続人の口座を凍結することになり、一切の取引が行えない状態になります。

振込み、入金が不可能になりますので相続手続きが完了するまで共有財産になります。

この時の銀行業務について、各銀行では遺産分割協議を行っている最中でも銀行所定の書類となる相続届けの提出をもとめられます。

このときには遺産分割協議を進めている時でも、遺産分割協議書作成前として手続きを行っていきます。

通常の残高明細を請求するには銀行やコンビニエンスストアのATMでの確認も可能ですが、暗証番号が必要になります。

亡くなった方に暗証番号を聞きだすことは出来ないため、銀行への確認作業も時間がかかるケースがあります。

セキュリティ面での対応

また銀行業務は近年多発しているフィッシング詐欺などへの防止策として、個人情報が外部に漏れないように厳しく管理しているところが多く、地方銀行や都市銀行なども出来るだけ、身内の方と証明できる書類の確認を求めているところが多くあります。

身分を確認するために必要な書類を求められることがありますので、このことを考慮してください。

連結された口座

凍結された口座は遺産分割協議中にはいかなる手続きも行うことが出来なくなります。

遺産分割協議には、すべての相続人が納得した状態でないと進行しないので、すべての相続人が十分に納得し、後にトラブルにならないように手続きを行っていくことが求められます。

銀行業務についての問い合わせ、口座の状態を知るには相続人全員が金融機関の窓口に行くか、遺産分割協議を完了した後に、実際の遺産取得者が窓口に出向くことで、情報を開放してもらうことが出来ます。

銀行業務の個人情報の管理のレベルは厳しくなっており、重要な個人情報の開示を拒否するところがありますので今一度、取引先の銀行に確認しましょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
死亡後に行う高額療養費の申請手続き
自己負担額が一定の金額を超え申請を行なうことによって高額医療費として支給 高額療養費に該当している方には診療した月から2ヶ月後の月末に保険年金課から、高額療養費支給申請書が自宅へ送付される事になります。 この際に必要な提出書類は国民健康保険高額療養支 […]
死亡後に行う配当の受け取り手続き
死亡後に行う配当の受け取り手続き 死亡後に行う配当の受け取り手続きとして亡くなった方(被相続人)が株を所持していた時に、その株を相続することが可能になるように相続人の方が配当金について確認作業を行うことからはじめます。 まずは証券会社との確認を行いま […]
印鑑登録証の返還方法
印鑑登録証の返還方法 転出や、死亡などに伴い、印鑑登録は自動的に廃止になります。 そのためお住まいからお近くの市役所や役場での窓口に変換する義務が生じます。 対象者は転出や死亡された方のみです。 そのままにしておかずに早期のうちに返還することをおすす […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306