在留証明の取得方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

在留証明の取得方法

在留証明の取得方法

在留証明の取得方法として、在留証明は、諸外国に住所があり、財外人選挙をする際に必要になり、各種の証明書の申請、パスポートの切り替えに必要になります。

他の諸外国での車の売買手続きなどにも必要になります。

またお金の借り入れなどにも使用することが出来、日本国内に滞在している外国人の方も在留証明があれば高額の買い物を行ったりキャッシングなども行えるようになります。

対象者

国内に入国を希望する外国人の方が取得をすることが出来るようになります。

規定としての注意点などもあり、入国前に交付を受けることができるように、余裕を持って提出しましょう。

また申請する期間も余裕を持っておくことが大切です。

ビジネスや、仕事などで入国する際にも在留証明を取ることで、日本への滞在期間が十分に与えられることになり、短期での滞在ではなく長い間、日本での滞在を行うことが可能になります。

日本人の実子、永住権を持っている方の配偶者、日系人、又は日系人の配偶者、また演劇,演芸,歌謡,舞謡又は演奏の興行に係る活動を行っている方にも優遇しています。

期間と利用

申請には、調査を行うために少なくとも1ヶ月から3ヶ月はかかります。

そのため早めの申請を行うことがおススメです。

日本での申請を行う方で、日本国内での活動を行うことによる資料などを提出してもらうことになりますので一部の在留資格を除き提出する資料などは各、申請人の活動によります。

そのためすべての外国人の方が日本国内での在留証明を取ることが出来るわけではないので、しっかりとした事実に基づいて作成していく必要があります。

このような書類をデジタル化している国も有ります。

日本では、偽造や、犯罪防止のために慎重に発行します。

日本での旅券ビザの発行は観光ビザで通常3ヶ月のみになります。

そのため短期の旅行しか出来なくなりますが、この時に十分に旅行したい外国人の方は日本の芸能に関することでの在留証明を取得することをおススメします。

また世界で活躍する日本人の遺伝子を持っている日系人で一世から3世までの日系人へも特別に在留証明を日本国から与えています。

そのため十分に日本の外で生活している日本の家族の方で在留証明を取って日本国でいつでも滞在が出来るようになり、そのまま永住ビザの取得をすることが出来るようになり非常に外国人で日本国内に滞在を希望する方に優遇された資格ともいえます。

日系人は南米や、東南アジアにも多く、日本への滞在をする方は必ず在留証明を取ります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続における居住権の主張
居住権とは 「居住権」という言葉は法律用語としての定義はありません。 一般的に、居住権とは、賃借権がなくなった後も、事実上継続して居住できる権利をいいます。 通常、他人所有の家屋に居住する場合には、契約に基づく賃借権が必要となります。 賃借権は、賃貸 […]
実子と養子の違い
実子と養子の違い 実子と養子は明らかに違いがあります。 実子は血縁関係のある子であり、養子は血縁関係のない子です。 これは、どうしても変えることのできない事実です。 しかし、身分を保障する法律上ではそこに変化が生じるため、遺産相続の場合などの為にこの […]
相続で実印登録がない場合
相続で実印登録がない場合 相続手続きにおいては、様々な場面で実印を押す必要があります。 実印とは、会社等法人の場合には登記所(法務局)で印鑑届書において提出した印鑑(通称は会社印・会社の実印・丸印・社長印などと呼ばれます)、個人の場合には市区町村に届 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145