被相続人の原戸籍謄本とは?(はらこせき、げんこせき、改製原戸籍)|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

被相続人の原戸籍謄本とは?(はらこせき、げんこせき、改製原戸籍)

1.原戸籍謄本は何のために必要なの?

原戸籍謄本、あまり聞かない戸籍の名前ですが、皆さんが普段よく見る戸籍は、「戸籍謄本」であり、今現在の戸籍内容を示すものです。

しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際に通常の戸籍謄本ですと、過去の情報が分からないため、情報が不足することになります。

そこで必要となるのが、原戸籍謄本(改製原戸籍)です。原戸籍が通常の戸籍謄本と異なる点は、「過去の履歴」が記載されている点です。例えば、いつ子供が生まれて、いつ結婚して、いつ本籍地を移したか、等といった情報です。

この過去の経緯が記載された原戸籍謄本を取得することで、被相続人の死亡から出生までの経緯を遡り、法定相続人の人数を確定するのです。

2.なぜ原戸籍が求められるのか?

たとえば金融機関に銀行口座解約の手続きに行くと、必ずこの原戸籍の提出を求められます。

これは被相続人のお金を預かっている金融機関としては、万が一、法定相続人以外の人に預金を払い戻してしまったりすると大問題になりますので、きちんと公的な書類である原戸籍の提出がない限りは、相続手続きを行うことができないのです。

これは預貯金に限らず、有価証券や不動産の名義変更手続きについても同様です。

3.遠隔地に本籍地がある場合には郵送で請求できるか?

実際に原戸籍を取得する時に困るのが、本籍地が遠方にあり、なかなかその市区町村役場まで出向くことが難しい場合です。

そのような場合には、日本全国の市区町村役場、全て、郵送による請求が可能ですので、わざわざ現地に行く必要はないのです。

また税理士や司法書士、行政書士等の専門家は職権で、業務の必要性に応じて戸籍取得を代理で請求することが可能ですので、仕事で戸籍収集が難しい等の理由がある場合には、少し手数料が必要となりますが、専門家に相談してみてもよいでしょう。

4.相続手続きの出発点は戸籍の収集から

相続が起きると、様々な手続きを行っていく必要がありますが、その手続きを行うにあたってのスタートは、やはり戸籍の収集となります。

大半の相続手続きで、原戸籍等の提示が求められるため、まずは戸籍の収集を行い、亡くなった方の出生から死亡までの経緯が繋がる戸籍を収集しましょう。

また1部だけですと、手続きの際に時間がかかることもあるため、できれば2セットか3セット程、余分に取得しておくと手続きがスムーズに進みます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
婚姻関係終了届とは
姻族関係とは 法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。 姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻 […]
代襲相続と法定相続人の人数
1.代襲相続とは? 代襲相続とは、相続人が被相続人より先になくなっていた場合、先になくなったからといって先代の財産が引き継がれないことは不公平であるとされ、相続人の相続人(孫等)が代わって被相続人の財産を相続する制度です。 例えば被相続人Aが死亡し、 […]
相続関係図の書き方
相続関係説明図への記載事項 被相続人の死亡した年月日と死亡時の住所と氏名、相続人の生年月日と住所と氏名を記載します。 今回の被相続人の法定相続人が死亡している場合にはその者の死亡した年月日と氏名を記載します。 また、それぞれの氏名の前には今回の相続に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145