被相続人の住民票の除票とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

被相続人の住民票の除票とは

被相続人の住民票の除票とは

相続放棄手続に被相続人の住民票の除票が必要になります。申述人(放棄する方)が,被相続人の配偶者の場合には被相続人の住民票除票、又は死亡届によって住民登録から抹消された住民票なども必要になります。

このように相続登記においては、死亡の事実を証する戸籍類と、死亡した人の住所を明らかにする住民票の除票が求められますので、相続の際には重要な書類といえます。

遺書などがある時には遺書の内容に従ってすべての相続人が遺書を確認します。この際に被相続人の調査を行いますが裁判所への提出になりますので専門家とミスがなくスムーズに手続きを行っていくことが可能になります。

故人の遺書があるときには専門家に相談して解決していくことをおススメします。

相続の際にも同じように被相続人と相続する方の続柄がハッキリ分かるような役所で発行されているようなものでないと有効にはならず、相続手続きを完了することが出来なくなります。

遺産分割協議の進行

まずは相続人の頭数分の書類が必要になります。遺産分割協議書の作成方法を十分に確認しておかないと、後のトラブルにもなりかねません。

種類として遺産分割には、現物分割、代償分割、換価分割と分類することが可能です。

現金として分割を希望する相続人の方には換価分割を行うことで相続できる物を分割することが可能になります。

現物分割は被相続人が残した物質をすべての相続人の方で分割し、相続していくことが可能です。多くの場合がこの分割方法になります。

すべての相続人の方が納得した状態での相続を完了する必要があります。

また代償分割を行う際にも事前に打ち合わせをおこない、金額を双方が納得した上で相続することができれば理想的な相続を行うことが可能になります。

申請の際に分からないことがある方は専門家に相談して慎重に手続きを行いましょう。

相続についての注意点

相続人同士が納得しないままであると相続が進まないので、この3つの中の分割の中からどのように相続をしていくのかを決めていきます。

また相続の際にもプラスの相続とマイナスの相続と分類することが出来ます。十分に自分たちで解決を出来るように財産の価値を確認していくことが大切です。

後にトラブルにならないように何度かの遺産分割協議が必要になります。遺産の相続の際にはトラブルにならないように十分に手続きを行っていくことが大切です。

相続をした際にプラスの財産がマイナスの財産を上回っている時に相続の手続きを行いましょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
婚姻関係終了届とは
姻族関係とは 法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。 姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻 […]
代襲相続と法定相続人の人数
1.代襲相続とは? 代襲相続とは、相続人が被相続人より先になくなっていた場合、先になくなったからといって先代の財産が引き継がれないことは不公平であるとされ、相続人の相続人(孫等)が代わって被相続人の財産を相続する制度です。 例えば被相続人Aが死亡し、 […]
相続関係図の書き方
相続関係説明図への記載事項 被相続人の死亡した年月日と死亡時の住所と氏名、相続人の生年月日と住所と氏名を記載します。 今回の被相続人の法定相続人が死亡している場合にはその者の死亡した年月日と氏名を記載します。 また、それぞれの氏名の前には今回の相続に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306