借入金がある場合の相続手続き|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

借入金がある場合の相続手続き

借入金がある場合の相続手続き

借入金がある場合の相続手続きとして被相続人がどのくらいのマイナス財産(借金)があったのかを調査することが大前提です。

まず銀行やカードローン、キャッシング、フリーローンなどの確認を行うことが大前提でカード会社に故人(被相続人)が亡くなったことを連絡する必要があります。

被相続人の方であれば続柄の証明を行うことで残高や借入金額を教えてくれます。マイナス遺産も相続を行うことが可能ですが、相続放棄を行うことも可能です。これは相続人の方が選択することで、プラスの相続とマイナスの相続を合算して問題ない状況であれば相続をそのまま行うことが可能になります。

そうでない時には自分が相続を行う際にはしっかりとした調査を行い、どのくらいの債務があったのかを十分に確認した上で相続を行いましょう。

マイナス相続を避ける

基本的には相続を行う際には、税理士に相談し、相続税についてもしっかり把握しておく必要があります。特に土地や不動産を相続する時には固定資産税なども支払う義務が発生します。固定資産税は年に一度、不動産のオーナーが支払う義務があります。

そのため十分に支払いきれる相続を相続前に確認しておくことが必要です。そのため相続税などの計算も事前に行っておく必要があり、マイナス相続を事前に避けることも可能です。

カードローンやキャッシング、銀行の各種のローンや車のローン、住宅ローンについては各期間に連絡をし続柄の証明を行い残高や金額をする事が可能ですが、この際に相続人がマイナスの財産について知る必要があります。

財産の相続には自分で行うことが可能ですが、他の相続人がいる時には他の相続人との遺産分割協議にて手続きを行うことが可能です。

すべての相続人の承認があれば相続の分割を各相続人に分配をすることが可能ですが、相続人の中で意見の不一致がある際には遺産分割協議を完了することができません。

連帯保証人、借入金、未払い金なども含まれます

借入金、買掛金、未払金 、保証人など被相続人が生前に他の人の連帯保証人などになっている際にもこの条件を相続するかどうかを忌めて行くことが求められます。

そのため十分に自分で間違えのないように解決をしていくことが求められます。相続放棄の可能な期間として故人が亡くなった日から三ヶ月と決められています。

十分意自分で確認をして相続の放棄を行いたいときには専門家に相談することをおススメします。プラスの相続できる財産も十分に把握しておきましょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続放棄の際のハンコ代の相場について
“ハンコ代”とは ハンコ代とは、法的には支払い義務がありませんが、物事を円滑に進めるため、承諾を要する相手側に支払うお金のことです。相続では一般的に、遺産分割協議書に署名捺印してもらうために支払うお金のことをいいます。 ハンコ代は、これだけ支払うので […]
生活保護を受けている方の相続放棄について
生活保護を受けている方の相続放棄について 生活保護を受けている方であっても、当然、相続をすることが出来ます。しかし、生活保護を受給されている方が生活保護を受給したまま保有することが出来る資産が定められています。 以下の資産については、基本的に保有する […]
生前贈与と相続放棄
生前贈与と相続放棄 生前贈与は、文字通り、ご健康な間に将来遺産となる可能性がある資産を無償で譲渡することをいいます。生前贈与は、主として相続税対策として多く利用されます。贈与税は年110万円までであれば課税されません。そのため、毎年少しずつ財産を贈与 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145