贈与契約書の作成方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

贈与契約書の作成方法

贈与契約書の作成方法

贈与契約書の作成方法として、契約書の内容を十分に明確にしましょう。

不動産の時には所在地、地番、地目、地籍を登記謄本と同じように、記載していきます。

銀行の預貯金についてはすべての銀行名、口座の種類、口座番号、口座名義人などを記入しましょう。

次に大切な事として、 引渡しの履行期、引渡しの費用の負担を明確にしていきます。

そのためしっかりとした日を決めて、それにかかる費用の計算も行うようにしていきます。

贈与者、また受贈者双方が記名または署名し、押印します。

この時に実印でなくても問題ないですが、間違いないようセキュリティを心がけたい方は署名と押印が確実です。

贈与契約の存在、作成時期を明確にしておきたい場合には、確定日付けを押しましょう。

公正証書による贈与契約書として公証役場で作成できます。

大まかに誰が誰に譲渡を行うのかをしっかり明記します。

宅地の記載、建物の記載、口座の表記を明記し贈与者と受贈者の住所、氏名を明記します。

死因贈与契約書

死因贈与契約書も同じように贈与者と受贈者の住所、氏名を明記します。

次に
(贈与の目的物等) 第1条 甲は、甲の所有にかかる下記の土地を乙に贈与 することを約し、乙はこれを受諾した。
と表記を続けていきます。

所在 〇〇市〇〇町〇丁目〇〇番〇〇 地番 〇〇番〇〇 、地目 宅地 、地積 〇〇〇平方メートルと細かく記載をしていきます。

手間や時間をかけずに完了

乙の死亡 、第4条 万一、甲が死亡するより先に乙が死亡したときには、本契約はその効力を失う。

などとこのようなケースに関しての手続きを行っていきます。

初めての方で書き方が分からない、また書き込んでいる際の疑問などは専門家のアドバイスや指導の下に書き込んでいくことで手間や時間をかけずに完了することが可能になります。

相続の際の贈与税についての相談は税の専門家である税理士法人への相談がおススメできます。

税理士法人への相談を行うことによって十分に解決を行うことが出来るとともに税金の支払い方の手助けなども行っています。

税金に関しての支払い方が分からない方にも対応してます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
贈与税の時効
贈与税の時効 贈与税の徴収権には時効があります。 贈与税は租税債権であり、国の債権ですので国税通則法に基づき6年で時効にかかります。 ただ、虚偽申告その他不正の手段により贈与税の申告を免れた場合には、例外として7年の時効となります。 贈与税の基礎控除 […]
特定贈与財産とは
1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]
債務免除と贈与
債務免除とは 民法519条に『債権者が債務者に対し債務を免除する意思を表示したときはその債権は消滅する』とあるように、債権者がその権利を放棄することで債務者の債務が免除されることを債務免除といいます。 債務免除が行われた場合、本来債権者へ弁済されるべ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306