自筆証書遺言の作成方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

自筆証書遺言の作成方法

自筆証書遺言の作成方法

自筆証書遺言は有効な遺書に遺言書のすべてが自筆でないと有効にはなりません、またしっかりと作成日を記載する必要があります。

年月の記載がない時には無効になってしまいますのでご注意ください。

また遺言を残した方が、署名する必要があります。

これは後に裁判所で調査を行いますので、もちろん本人のものでないと相続を完了することが出来ないのでご確認ください。

遺書にて不動産の相続を行うにはどの物件か、不動産は登記簿の記載どおりに記載を行っていく必要があります。

十分に住所を確認し、現金や銀行口座に貯蓄してある財産に関しては銀行名、口座場号、金額などをしっかり明記しておく必要があります。

そのため非常に手続きの際には個人情報が含まれていますので、遺書を書き終わってからは信頼できる方に渡しておく、また自分の金庫や重要書類のファイルに入れておくなどの配慮を忘れずに行っておきましょう。

夫婦でも遺書を分けて作成

夫婦で共有してきた財産も多くありますが、遺書を残す時にはしっかり二人分で分ける必要があります。

財産を周遊できるのは一人の名前で相続していきますので、共有の財産も代表者を立てて、相続を行います。

また上記で述べたように民法968条で決められているように自筆での遺言所の作成を行う必要があります。

氏名を自書し、印鑑を押すことで効力が生じます。

逆に、遺言者が訂正を行った際にもその訂正箇所に印を押す必要があります。

遺言書の効力

遺言書の効力として相続の方向性を決めるものとして重要な役割を果たします。

相続の手続きで遺言書があれば遺言書に沿って手続きを行っていきます。

そのため遺言書の効力を十分に理解しておく必要があります。

自分で有効な遺言書の書き方を覚えておけば相続の際に自分の子供や家族間での争いを予防することが可能です。

またアメリカや欧米では相続の際には遺言書は絶対的な効力を発揮します。

遺書がない時には相続の権利は州が決めることになりますので、非常に手続きも日本と違い複雑になります。

これをプロベイドと呼びますが、日本では相続の権利は続柄、戸籍謄本を元に相続を行っていきます。

何人かの相続人がいる際には遺産分割協議を行いしっかりと相続人同士で話し合いを行い相続における分割を決めていきます。

遺書がある時には遺産分割協議は遺書に従って決められていきますので、被相続人の方は遺書を書いておくことが大切です。

また合理的な相続を可能にしますし、円満にすべての手続きを完了することが可能です。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続時精算課税制度と遺留分の関係
相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]
条件付き遺贈とは
条件付き遺贈とは 遺言によって被相続人の財産を贈与することを遺贈と呼びます。 相続は特別な手続きをしなくても被相続人の財産は相続開始されます。 この遺贈に、条件を付けられることを御存じでしょうか。 このように条件をつけた遺贈を条件付き遺贈と呼びます。 […]
包括受遺者とは
包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306