公正証書遺言の作成方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

公正証書遺言の作成方法

公正証書遺言の作成方法

公正証書遺言の作成方法として大きくカテゴリ別に分離をすることが出来ます。

まずは離婚する際にも公正証書を作成することが出来ます。

内容として離婚給付契約公正証書は親権者や養育費また慰謝料から財産分与など年金分割においての公正証書を作成することが可能です。

遺言に関しての公正証書として遺言公正証書や任意後見契約公正証書など死因贈与契約公正証書や遺産分割協議公正証書を作成することが可能です。

他にもお金の貸し借りにおいて公正証書を作成することが可能です。

これには金銭消費貸借契約公正証書や債務弁済契約公正証書など準消費貸借契約公正証書を作成することが可能になります。

作成することでの利点

作成することでの利点として裁判の際に証拠として提出できるだけでなく、執行力もあり安全であること、また証明する際にもメリットを発揮しますので、法的な手続きのトラブルの際には非常に力強い書類になります。

相続の際にはこの公正証書があれば遺産相続の際に十分な有力な結果を得る手助けをしてくれます。

相続の際に遺書があるケースで、遺言公正証書があれば、手続きの際にも信頼性と、十分な結果を証明することが出来ますので、非常に使いやすい、頼りになる証書です。

相続を十分に行うことが出来るように相続については税理士法人などに相談をして状況が複雑な時や、初めてで相続についての分割を行うことが出来ない方については税理士に相談し計算して相続できる金額や価値がどのくらいになるのかをシュミレーションすることが可能になります。

そのため十分に自分シュミレーションを行っておけば財産をどのように相続できるのかを計算し、有意義な相続を行うことが出来るようになります。

任意後見契約公正証書

任意後見契約公正証書や死因贈与契約公正証書、遺産分割協議公正証書などのように公正証書を作成することが可能になりますので、専門家との解決をおススメします。

円滑に話がまとまる際にはスムーズに解決を行うことが可能になります。

しかし、話がまとまらないこともありますので公正証書を使用して解決することも出来ます。

事前に公正証書を作成しておけば裁判などにおいての有利性を証明することが可能になり、特に任意後見契約公正証書を作成を行っておくことで裁判における結果も有義になる事が期待できます。

高い証拠力を求めるには公正証書の作成を行っておくことをおススメします。

遺言や離婚の際の手続きに関しても十分に効力を発揮しますので法的に有力な手続きになります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続時精算課税制度と遺留分の関係
相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]
条件付き遺贈とは
条件付き遺贈とは 遺言によって被相続人の財産を贈与することを遺贈と呼びます。 相続は特別な手続きをしなくても被相続人の財産は相続開始されます。 この遺贈に、条件を付けられることを御存じでしょうか。 このように条件をつけた遺贈を条件付き遺贈と呼びます。 […]
包括受遺者とは
包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306