遺言執行者の解任方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺言執行者の解任方法

遺言執行者の解任方法

遺言執行者の解任方法として、まず理解しておきたいのが遺言執行者行うことが出来る相続手通きの中に被相続人の銀行口座の管理や不動産に関しての相続の指示を遺書によって行うことが可能になります。

遺書に書いてある遺言執行者の指定に決められている方は裁判所の許可をもらい、相続のすべての進行を行っていくことが可能です。

遺言執行者解任の理由としてその遺言執行者が任務を全く行わないこと、又は任務を遂行する事が困難になる事などをあげることが可能です。

遺言執行者の義務として遺言の執行を進めていくことが重要になりますので、遺言の執行を行わない方には、遺言執行者の解任を家庭裁判所に申請することが可能です。

相続において正当な事由がある場合には、家庭裁判所の許可を得ることによって、その任務を辞することができます。

正当な事由とは、長期間の病気や遠隔地での勤務、又は引越しや海外転勤、辞任を希望する遺言執行者は、相続開始地の家庭裁判所に対して辞任許可を得ることが求められます。

解任を行うときの条件

相続の際に遺言執行者が任務を怠ったときや、事故やトラブルなど、その他正当な事由があるときは、利害関係人が、遺言執行者の解任を家庭裁判所に請求することで解任の審理を受けることが出来ます。

このように解任を希望する利害関係人や主に相続人の方が、相続開始地の家庭裁判所に対して解任の審判を申し立てることが可能ですが、意義を申し立てる際にすべての相続の話し合いが求められます。

遺産分割協議中であれば、すべての相続人が条件を確認して意義の申立てを行うこと、またすべての相続人が納得してこの状況について承認している際には家庭裁判所も承認してくれる確立が高いです。

理由をしっかり明記

そのため理由をしっかり明記することが重要で、遺産執行者の何が足りず、何が問題なのかをしっかり明記して家庭裁判所に分かりやすく説明できるようにしておくことが必要です。

このことから相続での問題がある際には弁護士や専門的な知識のある専門家に相談しておくことが求められます。

自分で解決できない、又は解任の仕方が分からない、また解任をすることが言いづらい、遺言執行者に対しての不満がある方は専門家のアドバイスの下に解決をしていくことをおススメします。

経験のある専門家の意見があればこのような状態にこのように行動していけばよいのかを導き出すことが可能になります。

十分に相続を納得するまで行いたい方も相談をすることで有意義な結果を得ることが可能です。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
包括受遺者とは
包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]
相続時精算課税制度と遺留分の関係
相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]
包括遺贈と特定遺贈の違い
包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145