扶養親族の申請方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

扶養親族の申請方法

扶養親族の申請方法

所得税法上の扶養親族は、配偶者以外の親族を納税者と生計を一にし、年間の合計所得が38万円以下の、事業専従者ではない人などが該当されます。

そのため扶養の対象となる親族。

税法上、扶養控除対象となる者が扶養親族となりますので、お子さんやご家族の方が扶養親族になる可能性が高いです。

基本的に注意したいのが、控除対象配偶者や扶養親族に所得が確認できるとき、年間の所得見積額が38万円以下でないと控除対象配偶者や扶養親族に該当しないことになります。

扶養控除については納税者本人に扶養している親族などがいる際には、所得控除を可能にする制度です。

家族の方を被扶養者として認定申請に必要なもの

所得証明書(原本)、扶養控除証明書、扶養事実及び扶養事情理由書、給与に相当する給付金申立書、国民年金第3号被保険者該当届、配偶者の基礎年金番号の写しは必ず提出することになります。

離職して無職、無収入になった時には退職日を確認できる書類、雇用条件、収入額等を確認できる書類などが必要になります。

扶養控除は扶養親族がいる場合に受けることができる所得控除

確定申告において扶養控除を受けるには、ある条件に該当する方のみになります。

控除対象配偶者及び親族又は養護委託されている。

また一緒に生活をしていることなどの条件も含まれます。

この際に遠くに住んでいても仕送りを受けている方などは生計を共にしていることになります。

また上記で述べたように合計所得が38万円以下ということをあげることが出来ます。

また扶養親族が青色申告の事業専従者や白色申告の事業専従者でないなどの条件を満たしている必要がありますので、しっかり確認しておきたいところです。

詳しくは国税庁のホームページの確認をしてください、国税庁のホームページ上では税金に関してのすべてのQ&Aに答えています。

国税用のホームページ上にタックスアンサーなど多くの質問に答えているカテゴリがありますので、税金に関して、又は所得税、確定申告についての申請方法や、相続にかかる税率なども詳しく明記していますので、また書く申請書や申込書をダウンロードすることが可能になります。

他にも消費税改正法についての詳しい情報などを確認することも出来、税の学習コーナーもあります。

他にも動画で見る税の仕事や流れ、どのようにして国の税金が利用されていているのかまた、路線価図を観覧することも可能です。

扶養親族の申請方法なども詳しく明記しています。

税の申告は自分で十分に確認を行うことが大切です。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
死亡後に行う高額療養費の申請手続き
自己負担額が一定の金額を超え申請を行なうことによって高額医療費として支給 高額療養費に該当している方には診療した月から2ヶ月後の月末に保険年金課から、高額療養費支給申請書が自宅へ送付される事になります。 この際に必要な提出書類は国民健康保険高額療養支 […]
死亡後に行う配当の受け取り手続き
死亡後に行う配当の受け取り手続き 死亡後に行う配当の受け取り手続きとして亡くなった方(被相続人)が株を所持していた時に、その株を相続することが可能になるように相続人の方が配当金について確認作業を行うことからはじめます。 まずは証券会社との確認を行いま […]
印鑑登録証の返還方法
印鑑登録証の返還方法 転出や、死亡などに伴い、印鑑登録は自動的に廃止になります。 そのためお住まいからお近くの市役所や役場での窓口に変換する義務が生じます。 対象者は転出や死亡された方のみです。 そのままにしておかずに早期のうちに返還することをおすす […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145