葬儀で使用する花の種類について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

葬儀で使用する花の種類について

葬儀で使用する花の種類について

葬儀では枕花、花祭壇、供花など花が使われます。

昔からよく菊の花などが使われていましたが最近は、菊以外の花も使用されています。

葬儀で使う花の種類に決まりはあるのでしょうか。

昔から葬儀の際に使われている菊は、日本では古来から高貴の印とされ天皇の御紋にも使われています。

西洋では墓参に菊の花が用いられ、これらの影響をうけ葬儀でも菊の花が使われていたのです。

しかし、最近の葬儀では菊の花に限らず、洋花も使われるようになってきています。

昔から四十九日までは白一色、バラの花は使用してはいけないという考えもあったようですが、最近の葬儀では故人の好きだった花や遺族の希望により多種多様な花が用いられています。

基本的に使ってはいけない花というものはなく、特別な希望がない限りは、白を基本色としてそれに淡いカラーの花をアクセントに飾るのが一般的なようです。

故人が特に好きだった花がある場合や、遺族が希望する場合などはそれらの花を使うこともあります。

葬儀で使われる花は、もちろん造花ではなく生花のみです。

お花をお墓に供えたい時などは遺族の方にお伺いを立てても良いでしょう。

これは、宗教や宗派に関わらず共通して言えることです。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
密葬でも香典が必要か?
密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]
お墓、墓地の相続税評価
お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]
位牌の価格相場は?
位牌とは 位牌とは、故人の霊を祀る為に、仏壇やお寺の位牌段に安置する、戒名の書かれた木製の牌です。 葬儀に用いる白木の位牌は仮位牌です。 四九日の法要までに本位牌に作り替える必要があり、これが一般的に位牌といわれるものにあたります。 四九日の法要で作 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306