葬儀の挨拶について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

葬儀の挨拶について

葬儀の挨拶について

お通夜、葬式、葬儀では「忌み言葉」と呼ばれる「不吉」をイメージさせる言葉は弔辞では使いません。

死や不幸が繰り返すことをイメージさせる言葉は縁起が悪いですから、「繰り返し」を意味する言葉は使わないようにしましょう。

例:たびたび、再三、続いて、またまた、など。

お通夜、葬式、葬儀に弔問する場合、受付で挨拶をします。

あまり大きな声にならないように気をつけます。

「このたびはご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」など短い挨拶をし、挨拶を言い終わったら、頭を深く下げます。

お通夜、葬式、葬儀の受付を担当する場合、弔問客から挨拶を受けてから、弔問に対してのお礼を言います。

葬式、葬儀で喪主の挨拶があります。

喪主の挨拶文の文例は本もたくさんありますし、インターネットで検索すればたくさん見つけられますので、参考にするといいでしょう。

喪主は葬式、葬儀の挨拶だけではなく、精進落としの席でもお礼の挨拶をします。

喪主のお礼の挨拶が終わってから、会食をします。

精進落としは親族の会食終了の挨拶をもって終了となります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
密葬でも香典が必要か?
密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]
お墓、墓地の相続税評価
お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]
位牌の価格相場は?
位牌とは 位牌とは、故人の霊を祀る為に、仏壇やお寺の位牌段に安置する、戒名の書かれた木製の牌です。 葬儀に用いる白木の位牌は仮位牌です。 四九日の法要までに本位牌に作り替える必要があり、これが一般的に位牌といわれるものにあたります。 四九日の法要で作 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306