相続トラブルの代表例|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続トラブルの代表例

相続トラブルの代表例

相続に際し、残念ながらトラブルが伴う場合も多々あります。

代表的な例を幾つか挙げると、ある家庭において、亡くなったAさんの財産は、預貯金が少し、Aさんの住んでいた自宅とその土地のみ、Aさんの奥さんは既に亡くなられている為、相続人となるのは長男と次男の二人で、長男がAさんと同居していたという状況だったのですが、財産の分割に関して、Aさんと同居していた長男の考えとしては、Aさんの財産状況からしても、自分が自宅と土地を相続し、次男が幾らかの現金を相続することで、手続きは全て上手くいくというものでしたが、次男からすると、財産を同じ割合で相続する権利があるのに、相続財産が公平ではないという言い分でした。

評価額からすると、次男の言い分も正しいのですが、長男は自分が暮らす自宅や土地を売却するわけにもいかず、弟に支払う現預金も持っていないため、渋々同じ割合で自宅と土地を共有するとになったのですが、将来が不安となる遺産分割となってしまいました。

すると、数年後に次男から、自分の持ち分を売却したいとの話が出され、無理であれば持ち分を長男に買い取ってほしいとのことで、結局は長男が次男の持ち分を買い取ることになり、兄弟仲も崩れてしまったのでした。

財産分けのトラブルは、決して財産が多いという理由だけでなく、一般的なケースにおいても起こりうる為、生前からしっかりと、相続について意識する必要があると言えます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続における居住権の主張
居住権とは 「居住権」という言葉は法律用語としての定義はありません。 一般的に、居住権とは、賃借権がなくなった後も、事実上継続して居住できる権利をいいます。 通常、他人所有の家屋に居住する場合には、契約に基づく賃借権が必要となります。 賃借権は、賃貸 […]
実子と養子の違い
実子と養子の違い 実子と養子は明らかに違いがあります。 実子は血縁関係のある子であり、養子は血縁関係のない子です。 これは、どうしても変えることのできない事実です。 しかし、身分を保障する法律上ではそこに変化が生じるため、遺産相続の場合などの為にこの […]
相続で実印登録がない場合
相続で実印登録がない場合 相続手続きにおいては、様々な場面で実印を押す必要があります。 実印とは、会社等法人の場合には登記所(法務局)で印鑑届書において提出した印鑑(通称は会社印・会社の実印・丸印・社長印などと呼ばれます)、個人の場合には市区町村に届 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306