法定相続人でない孫が遺贈を受けた賃貸駐車場(土地)の預り敷金について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

コラム

相続税に関するQ&A

相続税に関するご質問を無料で受け付けております。
但し、ご質問内容及びその回答は、当HPで一般公開させていただきます。

2014/10/05
Q

法定相続人でない孫が遺贈を受けた賃貸駐車場(土地)の預り敷金について

遺言公正証書に基づき法定相続人でない孫が賃貸駐車場(土地)の遺贈を受けました。その賃貸に係る預り敷金はその孫の債務控除になるのでしょうか。
債務は基本的には法定相続人に法定割合で分けるものだと思いますが、預り敷金は判例・通説で物件の取得者が引継ぐともあります。
ちなみに、本件の法定相続人は子2人です。
よろしくお願いいたします。

A 

敷金相当額の預金の相続ついての記載が無い場合には

ご質問の件について回答致します。

預り敷金について、民法上は賃貸物件に付随して賃貸人としての被相続人の地位を承継する者が、賃貸物件と合わせて敷金返還義務も負担承継することが一般的と考えられます。
ただし、本件の遺贈が特定遺贈である場合、法定相続人以外の者については債務控除の規定の適用は無いことから、遺言書に預り敷金の負担、敷金相当額の預金の相続についての記載が無い場合には、敷金相当額を相続財産から控除できない可能性があることにご注意ください。

←他のQ&Aはこちら

こちらから、過去の「質問及び回答」を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306