家庭用財産をゼロで申告してまずいでしょうか?|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

コラム

相続税に関するQ&A

相続税に関するご質問を無料で受け付けております。
但し、ご質問内容及びその回答は、当HPで一般公開させていただきます。

2014/11/15
Q

家庭用財産をゼロで申告してまずいでしょうか?

電話加入権や車の名義は私です。目立った家庭用の財産は何もありません。電化製品も私が購入したものです。

A 

計上すべき財産が無いのであればゼロで申告をされても問題はありません

家庭用財産をゼロで申告することの可否についてですが、

計上すべき財産が無いのであればゼロで申告をされても問題はありません。

 

国税局が公表をしている『相続税申告のためのチェックリスト』というものがあるの

ですが、

その中には『家庭用財産の計上漏れはありませんか』というチェック項目がありま

す。

このことからも課税当局は家庭用財産の計上について軽視していないことがうかがえ

ます。

 

・細かい部分も計上することで、申告書自体の印象がよくなること

・仮に価値がある財産であった場合に、隠したのではなく評価間違いだったという主

張が可能であること

上記により、全く家庭用財産が無いという場合を除いては、ゼロにすべきではないと

考えます。

←他のQ&Aはこちら

こちらから、過去の「質問及び回答」を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145