数次相続と相続額について教えてください。|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

コラム

相続税に関するQ&A

相続税に関するご質問を無料で受け付けております。
但し、ご質問内容及びその回答は、当HPで一般公開させていただきます。

2015/01/28
Q

数次相続と相続額について教えてください。

父親が死亡したことによる遺産分割協議が成立する前に、配偶者である母が死亡した場合、母が相続する権利があった1/2の遺産に関しては、母からの相続となるのでしょうか。
それとも、父からの相続となるのでしょうか。

遺産分割協議中の固定資産税は母が代表して納税していました。

よろしくお願いいたします。

A 

結論から申し上げますと母からの相続になります

この度はご質問への投稿ありがとうございます。

 

結論から申し上げますと母からの相続になります。 ただ、若干ご質問の内容と異なりますのでご説明させていただきます。

まず、父親が先に亡くなっているとの事ですので 父親の遺産分割を先にしなければいけません。

父親が亡くなったことにより母親は法定相続分1/2はありますが 必ずしも、1/2にしなければいけないという訳ではありません。

 

父親の遺産分割後、母親が100%相続する事になれば 母親が亡くなったことによる相続は父親の遺産を100%次の相続で 課税財産として計上する事になります。

反対に、父親の遺産分割後、母親が0%相続する事になれば 母親が亡くなったことによる相続は父親の遺産を0%次の相続で 課税財産として計上する事になります。 つまり、相続を1つ飛ばせることになります。

 

連続して相続が発生したとしても、遺産分割が完了しないと 次の相続で財産が確定しない事になります。

 

←他のQ&Aはこちら

こちらから、過去の「質問及び回答」を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306