生命保険金も遺産分割協議が必要!?|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

コラム

相続税に関するQ&A

相続税に関するご質問を無料で受け付けております。
但し、ご質問内容及びその回答は、当HPで一般公開させていただきます。

2015/06/11
Q

生命保険金も遺産分割協議が必要!?

旦那の死亡に伴う生命保険金の受取人は相談者である妻だが、この生命保険金は遺産分割協議をしてその他の相続人に分割しなければならないのか。

A 

受取人が指定されている生命保険金は遺産分割の対象外です。

受取人が指定されています生命保険金(死亡保険金)については、受取人固有の財産という扱いとなり、遺産分割の対象外となります。

 

つまり遺産分割をしたくてもできません。

 

仮に、指定された受取人以外の相続人等がその保険金を受け取ってしまった場合は、税務上、実際の受取人から受け取ってしまった人への贈与という扱いになり、贈与税という余分な税金がかかってしまう恐れがありますので注意が必要です。

←他のQ&Aはこちら

こちらから、過去の「質問及び回答」を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145