地盤改良費|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

コラム

相続税に関するQ&A

相続税に関するご質問を無料で受け付けております。
但し、ご質問内容及びその回答は、当HPで一般公開させていただきます。

2015/07/02
Q

地盤改良費

市街地農地等の評価において、地盤改良費などの宅地造成費を引くことになっています。
地盤改良費については、「湿田など」と留意事項に書かれていますが、湿田ではない場合、引くことはできないのでしょうか?(どのようなケースだと引くことができるのでしょうか?)

A 

「地盤改良費について」

市街地農地等を宅地比準方式により評価する場合は、以下の算式により評価します。

(その土地が宅地であるとした場合の1㎡当たりの価額-その土地を宅地に転用する場合において通常必要と認められる1㎡当たりの造成費の金額)×地積

造成費の金額については、国税庁HP「宅地造成費の金額表」にて定められています。
その中で、地盤改良費とは『湿田など軟弱な表土で覆われた土地の宅地造成に当たり、地番を安定させるための工事費』と記載されています。

そのため、現在湿田でなくても、かつて湿田であった土地等で地盤が軟弱な土地であり、その土地を宅地に転用するために地盤を安定させるための工事が必要である土地であれば、地盤改良費をその土地が宅地であるとした場合の1㎡あたりの金額から控除することができます。

←他のQ&Aはこちら

こちらから、過去の「質問及び回答」を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306