遺産分割の相続税|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

コラム

相続税に関するQ&A

相続税に関するご質問を無料で受け付けております。
但し、ご質問内容及びその回答は、当HPで一般公開させていただきます。

2015/08/18
Q

遺産分割の相続税

お世話になります。
遺産分割(代償分割で500万円を代償金として受け取る予定なのですが、この場合相続税納税の義務が発生しますか?

A 

基礎控除額を超える場合には、相続税の納税義務があります。

被相続人(お亡くなりになられた方の)土地・建物・預金等の財産から
借入金や未払金等の債務を引いた遺産額
が基礎控除額を超える場合には、相続税の納税義務があります。
ただし、配偶者の税額軽減や小規模宅地の評価減等の特例を受けて
納税額がない場合もあります。
基礎控除額はH27年1月1日以降の相続である場合には以下の金額になります。
3000万円+600万円×法定相続人の数
 
よって、ご質問にあるように代償分割で500万円取得した場合、
相続税が発生する場合もあれば、発生しない場合もあります。
まずは、遺産額総額が基礎控除を超えるかでご判断頂ければと
思います。

←他のQ&Aはこちら

こちらから、過去の「質問及び回答」を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306