家なき子の特例に関して|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

コラム

相続税に関するQ&A

相続税に関するご質問を無料で受け付けております。
但し、ご質問内容及びその回答は、当HPで一般公開させていただきます。

2016/02/12
Q

家なき子の特例に関して

母親が昨年の12月30日に他界して、実家の相続する際に関して、家なき子の特例を適用できればと考えています。
http://chester-tax.com/contents/estate/step3-1-1.html

ただ、母は死亡時、私の実姉と孫と同居(住民票は当該住所)していたため、条件を満たさないと思うのですが、適用は不可能ですか?
私は長男、男一人でもともと実家は私が相続することになっていました。本籍は当該住所です。

A 

小規模宅地の特例は適用できないかと思われます。

お問い合わせの件に回答させて頂きます。
 
家なき子の特例の適用要件は、以下の通りです。
① 故人の配偶者及び同居相続人がいないこと
② 故人の自宅の土地を相続する相続人が、相続開始前3年以上、借家住まいであること
 
なお、同居されていたかどうかは、本籍や住民票によらず、
当該家屋で被相続人と共に起居していたもので判断されます。
 
今回の場合は、お姉様が同居されていたということで①の要件を満たしませんので、小規模宅地の特例は適用できないかと思われます。

←他のQ&Aはこちら

こちらから、過去の「質問及び回答」を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306