印税収入がない場合の著作権の評価

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

印税収入がない場合の著作権の評価

被相続人の死後、出版社の薦めにより被相続人が掲載していた雑誌のコラムを単行本化することになりました。著作物利用許諾契約を結び、実売部数により変動しますが著作権利用料も入る予定です。生前、被相続人は原稿料をもらっていましたが、印税はもらっていなかったので、著作権はない、又はあるとしても年平均印税収入が0なので著作権の評価も0と考えていいでしょうか?

被相続人の記載したコラムは被相続人の著作物であり、その著作物に市場価値があれば著作権として相続財産に計上しなければなりませんが、著作物単体で市場価値がない場合には著作権は0になると考えられます。

著作権の評価にあたっては、財産評価基本通達148に基づき下記の通り評価します。

・年平均印税収入の額×0.5×評価倍率

今回の場合、年平均印税収入の額がありませんので、被相続人が記載したコラムの原稿料収入等を基礎にして合理的に推定し計算することになると考えられます。

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145