清算中の会社の株式評価(みなし配当がある場合)

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

清算中の会社の株式評価(みなし配当がある場合)

清算中の会社の株式の価額は、清算の結果分配を受けると見込まれる金額の課税時期から分配を受けると見込まれる日までの期間に応ずる基準年利率による複利現価の額によって評価します。

2回以上にわたり分配を受ける見込みの場合には、それぞれの分配ごとに計算をした金額を合計します。

また、分配を行わず長期にわたり清算中のままになっているような会社については、分配を受けると見込まれる金額や分配を受けると見込まれる日までの期間の算定が困難であることから、1株当たりの純資産価額によって評価します。

基準年利率及び基準年利率おける複利現価率は個別通達として順次公表されます。この通達は国税庁のHPで確認をすることができます。

なお、清算による分配金が資本等の額を超える場合には、その超える部分の金額は配当とみなされます。

配当とみなされた金額に一定の税率を乗じた金額が源泉徴収をされますので、手許に入金されるのは清算による分配金から源泉徴収税額を控除した金額となります。

この場合も株式の評価は源泉徴収税額を控除する前、つまり清算による分配金そのもので評価をすることになります。

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145