土地の評価単位と貸家建付地評価の可否について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

土地の評価単位と貸家建付地評価の可否について -2014/01/31-

以下の前提条件の場合の土地の評価単位はどうなるのでしょうか。また、被相続人が所有していた土地は貸家建付地の評価ができるのでしょうか。

(前提条件)

①賃貸物件:被相続人が所有。

②土地:2筆にわかれており、1筆(以下「Aの土地」という。)は、相続人が所有。 もう1筆(以下「Bの土地」という。)は、被相続人が所有。

③土地の利用状況:賃貸物件はAの土地上に建設されており、Bの土地は、賃貸物件の脇に存在する水路と賃貸物件に挟まれた幅が狭い道路状の土地である。Bの土地は、砂利が敷いてあり、水路に立ち入れないようフェンスがある。

まず、被相続人がこのような半端な土地を単独所有した経緯を検討します。通常、Bの土地のみを過去の相続で取得する、あるいは、購入するということは考えづらいため、水路部分を含めたうえで所有していたが、当該水路部分が買収(または寄付)されたため、残地として残ってしまったと考えるのが通常です。また、公図下では水路であるが、単独では無道路地であるとも考えられます。

Bの土地の幅は狭く、無道路地であると考えられることからも、他に単独で利用する手段がないと認められます。

つまり、相続人が所有するAの土地と一体で賃貸住宅の敷地として利用されていると考えることが合理的であるといえます。

よって、賃貸物件を被相続人が所有しているのであれば、Bの土地は、貸家建付地評価になると考えられます。

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306