屈折の場合の間口の取り方について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

屈折の場合の間口の取り方について -2014/03/17-

以下の横線部分の土地の評価はどのように行えばよいのでしょうか。 jitumu_140318_1

(1) 横線部分の土地(被相続人所有)

①相続人の自宅(使用貸借)
②1階:被相続人の自宅 2階:貸家

(2) 縦線部分の土地

縦線部分は全体を道路としてみなされていますが、実際の利用状況は、以下の通りとなっております。

  • ・借地入口までを道路として使用
  • ・①②の敷地内は、それぞれの宅地の一部として利用している。

以上の事実から、敷地内縦線部分だけを評価するより、被相続人、配偶者、相続人家族、借家人2家族が利用している道路の一部も含めて評価する方が現実に即しているといえます。 以上を踏まえると、この場合の土地の間口の取り方は、以下の図の赤線部分のようになります。

①の土地: jitumu_140318_2

②の土地: jitumu_140318_3

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306