間接株主制をとっているゴルフ場への預託金の評価(中間法人が一般社団法人)

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

間接株主制をとっているゴルフ場への預託金の評価(中間法人が一般社団法人) -2014/01/14-

被相続人が、会社更生法の適用を受けたゴルフ場のゴルフ会員権を所有していました。そのゴルフ会員権については、過去に預託金の70%がカットされ、残りの30%を再預託して継続会員となっています。

再預託先がゴルフ場ではなく、一般社団法人への基金という形で拠出し、間接株主制という形式をとっていました。基金については、一般社団法人の解散時まで返還を求めることができず、また、名義書換も停止されているため、売買もできない状態です。

この場合の相続税評価額はどのようになるのでしょうか。

この場合は、一般社団法人の解散まで預託金の返還はなく、名義書換もできない状態なので、一般社団法人への基金(いわゆる貸付金)ということで拠出金額により評価することになります。

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306