貸宅地について相当の地代通達を使用するか否か

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

貸宅地について相当の地代通達を使用するか否か

借地権を設定する際にはその対価として権利金やその他の一時金を支払うことが一般的です。(権利金やその他の一時金を支払う取引慣行のない地域もあります)

その場合に、権利金やその他の一時金の支払いに代えて地代を上乗せして支払うことも税制上認められています。このような上乗せされた地代を相当の地代と言います。

相当の地代を支払っている場合の借地権等の相続税や贈与税の取り扱いについては、個別通達という形で公表されています。

そもそも、相当の地代は地主と借地人が同族関係にある中で行われていた取引で、現在でも第三者間で相当の地代を用いた取引をしているという事例はあまり見ることはありません。

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145