遺児育英年金の取扱い

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺児育英年金の取扱い -2014/05/26-

遺族に支給される育英年金は相続税法第3条1項6号により相続税の課税対象となります。

ただし、厚生年金保険法の規定による遺族年金等に関しては、それぞれの法律により非課税の規定が設けられているので、相続税の課税対象にはなりません。

育英年金の支給に関しては、一定の年齢まで年金が支払われることになりますので、その期間の有期定期金として評価を行います。

一方、育英年金には給付の打ち切りの要件が定められていることがあり、その要件に該当した場合には育英年金の給付が打ち切られます。

このように給付が打ち切られる可能性がある定期金の評価を、支給される全期間を基礎に行うことは不合理ではないかとも考えられますが、相続開始時点での現況をもとに判断を行いますので、将来的な可能性は考慮をしないことになります。

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306