太陽光パネルの評価

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

太陽光パネルの評価

被相続人が生前にご自宅に太陽光パネル発電機を取り付けており、雑所得として確定申告を行っておりました。当該太陽光パネル発電機は、相続開始日より約1年前に約100万円で購入しています。当該太陽光パネル発電機の相続税評価額は、附属設備等として、再建築価額から建築の時から課税時期までの期間の償却費の額の合計額を控除した金額の100分の70に相当する金額によって評価するのでしょうか(財産評価基本通達92(1))。それとも、一般動産として、財産評価基本通達129に基づいて評価するのでしょうか。

結論は、当該太陽光パネルについては、建築後に建物に取り付け、単独で収益を生み出せる能力があるため、機械装置として一般動産に分類され、財産評価基本通達129に基づいて評価することとなります。

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145